「Google AIY Voice Kit V2」が国内販売開始 Vision Kitの第二弾も

株式会社ケイエスワイは、7月24日より、Google社が開発したスマートスピーカー自作キット「Google AIY Voice Kit V2」と、 スマートカメラ自作キット「Google AIY Vision Kit V1.1」の日本国内販売を開始した。

Googleは、もの作りを楽しむ「Makers」に、AI(人工知能)を手軽で、身近に活用してもらえるようにと「Google AIY Project」 を立ち上げている。

そこから生まれた「Google AIY Voice Kit」が去年10月に日本国内で販売開始されたが、今回はその第2弾の販売となる。



Google AIY Voice Kit V2

Google AIY Voice Kit V2

Google AIY Voice Kit V2は、Raspberry Piを使ってスマートスピーカーを自作できるキット。

「明日の天気は?」と話しかけると、現在地をもとにインターネットで天気情報を検索した結果を音声で返答してくれるのはもちろん。Raspberry Piに拡張した赤外線送信機から、エアコンを操作し、エアコンをつけてくれたり設定温度を下げてくれたりも可能だ。

キットには以下のものが含まれている。


Google AIY Voice Kit V2


・Voice Bonnet(拡張ボード) ×1
・Raspberry Pi Zero WH ×1
・スピーカー ×1
・OS書込済 microSDカード ×1
・プッシュ ボタン ×1
・ボタン ハーネス ケーブル ×1
・プラスチック スペーサー ×2
・Micro USBケーブル ×1
・外装箱用ボール紙 ×1
・内部フレーム用ボール紙 ×1

価格:7,020円(税込)

第1弾の「Google AIY Voice Kit」にはRaspberry Piが入っていなかったが、今回のKitには「Raspberry Pi Zero WH」が同梱されている。



Google AIY Vision Kit V1.1

Google AIY Vision Kit V1.1

一方「Google AIY Vision Kit V1.1」は、人やモノを認識するスマートカメラを自作できるキット。こちらも昨年末に発表された「Google AIY Vision Kit」の第2弾となる。スマートカメラは撮影した画像から写ったモノや人を認識し、アクションを起こすこともできる。標準では以下のモデルが用意されている。

・1000種類のモノを認識するモデル
・顔を検出し、「悲しみ」や「笑い」など表情を評価するモデル
・人、犬、猫を識別するモデル

キットには以下のものが含まれている。

Google AIY Vision Kit V1.1

・Vision Bonnet(拡張ボード) ×1
・Raspberry Pi Zero WH ×1
・Piカメラ V2 ×1
・カメラケーブル for Pi Zero ×1
・プッシュ ボタン ×1
・ボタン ハーネス ケーブル ×1
・Micro USBケーブル ×1
・圧電ブザー ×1
・フルカラー LED ×1
・カメラ ケーブル Bonnet to Pi ×1
・ボタン ナット ×1
・三脚固定用ナット ×1
・LEDベゼル ×1
・プラスチック スペーサー ×2
・OS書込済 microSDカード ×1
・外装箱用ボール紙 ×1
・内部フレーム用ボール紙 ×1

価格:12,420円(税込)

こちらもVoice Kit V2と同様に「Raspberry Pi Zero WH」が同梱されている。

それぞれ購入は Raspberry Pi Shop by KSYから。

ABOUT THE AUTHOR / 

北構 武憲
北構 武憲

本業はコミュニケーションロボットやVUI(Voice User Interface)デバイスに関するコンサルティング。主にハッカソン・アイデアソンやロボットが導入された現場への取材を行います。コミュニケーションロボットやVUIデバイスなどがどのように社会に浸透していくかに注目しています。

PR

連載・コラム