【音声アシスタント開発】Google AIY Voice Kitに挑戦!「自作Google Home」を作ってみたよ!

Google AIY Voice Kitに挑戦!

ロボットエバンジェリストの西田です。わーわー

Google AIY Voice Kitが日本でも入手できるようになりました! 秋葉原やAmazonなどで入手が可能になっています。編集部でも入手したので、さっそく作ってみました!

▽外部リンク
AIY Voice Kit

Google AIY Voice Kitって何が出来るんだろう?と、いうことで、まずはページを日本語訳してみます。

このプロジェクトでは、自然言語レコグナイザーを起動して実行し、AIY Projectsボイスキットを使用してGoogle Assistantに接続する方法を示します。Googleアシスタントのすべての機能に加えて、独自の質問と回答のペアを追加できます。ラズベリーパイを搭載した、手軽な小さなボール紙キューブです。

(公式サイトの文章を翻訳)

簡単に言うと、オリジナルのGoogle Homeが作れちゃうみたいです。では、さっそく作ってみましょう!


パッケージはこんな感じ。おしゃれなデザイン。

冊子と部品がはいっています。

ここで衝撃の事実が! なんと、ラズパイが入っていない・・・。しょうがないので去年、自作のAmazon Echoを作成した時のラズパイを使うことにしました。



SDカードにOSを焼こう!

公式ページをみたら、最初にラズパイを起動するためのSDカードを用意するように書いてありました。


公式ページより引用。ここからSDカードのディスクイメージをダウンロードできる。

SDカードにディスクイメージをコピー。起動ディスクなので、専用のソフトでコピーする。

今回はMacでSDカードにディスクイメージをコピーしました。この作業だけは別のパソコンが必要ですね。



Voice Kitを作ろう!

ソフトウェアの準備ができたので、ここからは写真付きでわかりやすい付属の本を見ながら、Voice Kitを組み立てていきます!


今回、キットとは別に用意したラズパイ3

Voice HATと書かれた基板。

裏側はこんな感じ。これを、ラズパイの上に差し込みます。

次にスピーカーを繋げます。ドライバーが必要。

ケーブルを差していきます。

ピンぼけしちゃってた。マイクの基板。両脇の丸い穴がマイクなのかな。

箱を組み立てます。ただのダンボールだけど切り込みと折り目がついているので組み立ては簡単。

折る順番がかいてあるから簡単に作れる。側面に穴が開いている場所は、折る時に曲げないように注意。

スピーカーとラズパイをセット。向きに注意。

ボタンとマイクの基板を取り付けます。マイクの基板は両面テープで固定。

マイクの基板にある左右の丸い穴がマイクなので、ダンボールの穴に合うように貼り付けます。

蓋をしたら完成! パッケージとボタンの色が違うな・・・。

出来上がったので、HDMIとマウス、キーボードをつなぎます。あと、電源もつなぎます。今回はコンセントの都合でIoT用のモバイルバッテリーにしました。

起動した!ちょっとだけ安心。

壁紙がAIYになってるのうれしい。


動作テストをしよう

デスクトップにあるアイコンをクリックするとテストが出来るとのこと。早速やってみましょう。動画にしてみたので御覧ください。(途中、カタカタと鳴子のような音がするのはアイボの足音です。)

テストが無事完了しました! 喋るテストは成功するとうれしいですね。



Google Cloud Platform の設定をしよう!

Voice Kitを動かすためには、Google Cloud Platformでプロジェクトを作成する必要があります。本や公式ページをみながら設定しましょう。このへんは、以前設定したので今回は省略します。

西田めも

途中、アクティビティ管理を変更するように指示があります。特に大丈夫だと思うのですが、気になる人は開発アカウントとは別のアカウントを用意するといいと思います。




早速動かしてみよう!

用意はできたので、早速動かしてみましょう。ホットワード(OK,Googleの掛け声)で、起動するサンプルと、ボタンを使ったサンプル、Google Cloud Speech APIをつかったサンプルが用意されています。


公式ページより引用。3つのサンプルが用意されている。

動画では、ボタンを使ったサンプルを実行してみました(一回実行したあとなので、認証画面は表示されません)。

どうでしょうか! AIY Voice Kitを使って、Google Homeを自作することが出来ました! (ちなみに、犬の鳴き声がしますが、aiboの鳴き声です。)

今回紹介したサンプルの他にも、LEDやサーボモーターなどを接続してコントロールする方法などが本に載っていました。自作のハードウェアが簡単に作れて、拡張できるのは楽しいですね!

こうおもった

サクサク簡単に作れました。日本語に対応したやつを出してほしいです! AIY Vision Kitも入手したら挑戦してみたいです!

ABOUT THE AUTHOR / 

西田 寛輔
西田 寛輔

とのさまラボ代表。ハイパーメディア・ロボット・クリエイターとして、ロボットアプリの開発を行うほか、自身でもロボットを開発中。ソフトバンクロボティクスが主催する公式アプリコンテストでは2大会連続ファイナリストに選出されるなど、数々の実績を持つ。2016年に、ヒトとロボットの音楽ユニット mirai capsule を結成。ロボスタでは、ロボットエバンジェリスト/スマートスピーカーエバンジェリストとして活動中。

PR

連載・コラム