SONOSとデンマークのインテリアブランドHAYがコラボした「HAY Sonos One Limited Edition Collection」がカラフルでいい感じ!

スマートスピーカー製造の「SONOS(ソノス)」がデンマークのインテリアブランド「HAY(ヘイ)」とのパートナーシップを締結した。そのコラボレーションの成果として発表されたのが「HAY Sonos One Limited Edition Collection」と呼ぶ限定モデルだ。



SONOSはSonos Oneに限らず基本的にホワイトとブラックの2色のカラーバリエーションが基本だ。


HAYとのパートナーシップによりモノトーンからデンマークブランドらしい現代的な色彩のアプローチで、家庭でのインテリアにより馴染むカラーバリエーションが用意されることになった。2018年のHAYの色彩から赤、黄、緑を基調としたカラーが選ばれた。



このHAY Sonos One Limited Edition Collectionは、2018年9月より、sonos.comのオンラインサイトまたは、ニューヨーク、ロンドン、ベルリンのSONOSフラッグシップストア、コペンハーゲンのHAY Houseで購入可能になる。






インテリアに溶け込んだり、コントラストを与えたりと、色の違いだけでSonos Oneの存在感が変化することが分かる。






Source:SONOSHAY

ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム