1,600万色に光るスマートLEDテープライト「Yeelight Aurora」がクラウドファンディング中

YeelightによるスマートLEDテープライト「Aurora」がIndiegogoにてクラウドファンディング中だ。



フレキシブルなLEDテープなので、曲げることができる。さらに切ったり、つなぎ合わせることもできる。



家の中の好きな部分にテープを貼ることでLED照明として使える。特に間接照明として様々な場所に設置するのが面白そうだ。



RGBの組み合わせで1,600万色以上のカラーを作り出すことができる。シーンに合わせたカラー照明として使える。また音楽に合わせて色を変えることもできる。朝緩やかに明るくするといった輝度の調整も容易な設計となっている。

専用スマートフォンアプリでの制御のほか、Amazon Alexa、Google Assistant、IFTTT、mijiaなどにも対応しており、音声制御が可能だ。



価格は必要なテープの長さによって異なり、3mのTrial Kitが49ドル、6mのMini KItが104ドル、10mのRoom Kitが149ドル、20mのFamily Kitが289ドルとなっている。

2018年9月13日時点で457%達成、45,700ドルを集めている。2018年10月出荷予定だ。



Source:INDIEGOGO

ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム