米国のGoogle Home、ディズニー絵本の読み聞かせを演出する効果音やBGM再生機能が登場

子供に絵本を読み聞かせることは親子にとってさまざまなプラスの効果をもたらすという。

そんな親子の貴重なコミュニケーションでもある読み聞かせをよりドラマチックに演出する新機能がGoogle Home向けに発表された。


Google Homeに、「Hey Google, let’s read along with Disney.」と呼びかけると、ディズニーの物語の読み聞かせ時に、適切な効果音とBGMを再生してくれるというものだ。


以下11の物語の効果音・BGM再生に対応しているという。

・Mickey’s Christmas Carol
・The Three Little Pigs
・Alice in Wonderland
・Cinderella
・Coco
・Jack Jack Attack
・Mickey Mouse and his Spaceship
・Moana
・Toy Story 3
・Peter Pan
・Mickey Mouse Goes Christmas Shopping

以下は読み聞かせ時のイメージ動画だ。


なお、この機能は米国内のGoogle Home、Google Home Mini、Google Home Maxでのみ動作する。いずれ日本での対応も期待したい。



Source:Google

ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム