Amazon、2018年ホリデーショッピングでEchoデバイスを数百万台販売!新型Echo Dotが世界で最も売れた製品に。

米国Amazonが2018年ホリデーシーズンの販売結果を発表した。今回の発表の中から、スマートスピーカーに関するトピックスを一部紹介する。


Amazonデバイス
・Echoデバイスは世界で何百万台も販売された。
・新型Echo Dotは全世界のAmazonでもっとも売れた製品となった。
・カテゴリを問わずEcho DotとFire TV Stick 4K with Alexa Voice Remote、Fire 7 Tablet with Alexaはベストセラー商品だった。
・Ring Video Doorbell 2、iRobot Roomba 690、TP-Link Mini Wi-Fi Smart Plug、Amazon Smart Plugなどのスマートホームデバイスも過去最高の売上となった。
・RingとBlinkのセキュリティ製品は去年の同じ時期に比べて売上が倍増した。
・アメリカ、イギリス、ドイツ、日本でFire TVがNo.1ストリーミングデバイスだった。


Alexa関連
・Alexaは感謝祭の時期、通常の2倍タイマー設定を依頼された。
・Alexaで人気の名前付きタイマーは、七面相、パイ、詰め物料理だった。
・Alexaは昨年の2倍、レシピや料理に対する問い合わせに対応した。

上記は全世界においてだが、米国だけに絞ってみても、サイバーマンデーの売上、Amazon 4-Star、Amazon Book、Amazon Po-upデバイスキオスクなどでのベストセラー商品に新型Echo Dot、Amazon Smart Plugなどがランクインしたという。

なお今回Amazonが発表した「数百万台のEchoデバイスの販売」はAmazonによる販売であり、他のサイトや小売店舗での販売は含まれていない。つまりEchoデバイスの実際の販売台数はさらに多かったと考えられる。




Source:Amazon

ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム