2018年12月01日 ロボット業界ニュースヘッドライン

本日のロボット業界ニュースヘッドラインをお届けします。


声50種類、目が点滅「オオカミ型ロボ」畑守る : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)


中国ECが「ロボットレストラン」を始めるワケ | 外食 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準


経済観測:社会的生産単位を支える草刈りロボット=資源・食糧問題研究所代表 柴田明夫 – 毎日新聞


バチカン、キラーロボットの登場に懸念「今すぐに対応していくことが重要」:国連オブザーバーにて(佐藤仁) – 個人 – Yahoo!ニュース


急拡大する中国ロボット市場 貿易戦争激化で部品不足も勢い止まらず(SankeiBiz) – Yahoo!ニュース


ドローンで何ができるの?(親子スクール) (写真=共同) :日本経済新聞


患者ロボ、リアルに反応 テムザック、米医科大に納入 声あげ「痛っ」 歯科研修用 :日本経済新聞


中国ECが「ロボットレストラン」を始めるワケ – (1/2)|ニフティニュース


猫の足が…まるでロボット!? 椅子に座るニャンコが『猫型ロボット』のようだと話題に(∩´∀`)∩|BIGLOBEニュース


ドローンで何ができるの?(親子スクール) (写真=共同) :日本経済新聞


ロボット操作、成果発表 致遠館高理数科2年生 プログラミング学習|まちの話題|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE


遠隔地の体験共有する“分身”ロボットの可能性 旅も仕事も「今すぐここで」 (1/4ページ) – SankeiBiz(サンケイビズ)


自作ロボットに夢のせて… 本県小学生で初、鈴木君(山形六小)が全日本大会へ

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム