自動収穫ロボット開発のinaho、ICCの­ピッチコンテスト「スタートアップ・カタパルト」で優勝

2月19日に開催されたICCが主催する­ピッチコンテスト「スタートアップ・カタパルト」にて、inaho株式会社の農業用収穫ロボット事業が優勝した。今回の受賞は、昨年12月に開催の「X-Tech Innovatin」、今年2月開催のMURCアクセラレータ「LEAP OVER」に続き、スタートアップピッチコンテストでは3連続優勝となった。

ICC(Industry Co-Creation)サミットは年2回開催されている「ともに学び、ともに産業を創る。」ための場。毎回200名以上が登壇し、総勢800名以上が参加。参加者同士が朝から晩まで真剣に議論し、学び合うためのエクストリーム・カンファレンス。

ICCサミットの「スタートアップ・カタパルト」では、事業モデルコンテストとして14社のスタートアップ企業が登壇。第一線で活躍する審査員33名の投票によって最注目のスタートアップが選出された。inahoは「テクノロジーで農業の未来を変える。」と題し、開発中の野菜の収穫ロボットを軸とした農業自動化プラットフォームの概要と戦略、将来のビジョンについて発表した。



また、プレゼンテーションでは、「ロボット導入を希望する農家が9割以上を占めている」「農地を広げたい方が7割もいる」という調査結果の報告も行った。



発表では、農業や屋外作業の自動化、省力化ニーズが拡大する中で、ロボティクスとAI技術で解決していくという取り組みや今後の戦略、将来性が、著名な審査員の方々のポジティブな評価に繋がったと同社は発表している。


代表取締役CEOの菱木豊氏は以下のように想いを述べた。

「実積ある企業様が多い中で、売上実積ゼロの我々が選ばれたということは、それだけ将来性があると認められたということだと思います。今後10年で農家の数は半分になると予測されている中、我々がターゲットとしている施設栽培の農家さんは、15年以上経営面積が横ばいの状態が続いており、その大きな要因が収穫作業になっています。我々がその問題を解決することで、農家の方々の生産面積の増加及び、所得向上につながり、農家が半分になっても安定的に野菜が生産・消費される環境づくりに貢献したい」
inahoは、1:04:33から登壇、授賞シーンは2:12:41


ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム