レジ業務無人化の実証実験、スマホをPOSとして活用&AIの映像解析技術を活用 東芝テックと近商ストアが大阪のスーパーで

東芝テックと近商ストアは、大阪都市圏の松原店と上本町店で、スマートフォン・映像解析技術を活用したレジ業務無人化の実証実験を実施することを発表した。

実証実験では、スマートフォンをPOSシステムとして利用するものと、AIの映像解析技術を活用した2種類の実験が行われる。また、実証実験への参加者は近鉄グループ従業員および特別モニター会員に限定されており、一般の方は参加することができない。


スマートフォンをPOSシステムとして利用する実験

スマートフォンをPOSシステムとして利用する実験では、レジアプリを搭載した専用スマートフォンを店舗利用者に貸与、買物顧客自身が商品登録を行い、買い物を行う。さらに、買い物中にはスマートフォンへお買い得情報などをお知らせする「販促機能」の効果検証も実施予定。



AIの映像解析技術を活用した実験

AIの映像解析技術を活用した実験では、映像をAIで解析する事で、商品登録ができるシステムをスーパーマーケット業態で検証する予定。また、映像からの詳細動作解析による不正検知、顔認証による不正抑止といったセキュリティ面への映像解析技術の応用の検証も行われる。


実証実験の概要と実施の背景

実証実験は、2019年3月4日(月)〜4月12日(金)まで行われ、実施店舗はスーパーマーケットKINSHO 松原店とハーベス 上本町店で実施される。

日本国内の人手不足の深刻化に伴い、小売業界ではセルフレジなどの省人化へのニーズが高まっている。また実店舗ではAIやIoTの活用による効率化に加え、消費者に対する新たな購買体験の提供が求められているという。
東芝テックは「これまで培ったPOS システムの技術と、AI の活用などの技術を組み合わせ新たなソリューションを創造し、小売業界の課題解決を目指します」とする。また、近商ストアは「新しいAI技術を使ったPOSシステム導入により深刻化する人手不足に対応しながら、顧客のレジ待ちストレスからの解消と映像解析技術と連動したリアル販促を搭載した豊かな購買体験の提供を目指します」と、リリースを通じてコメントしている。

無人店舗の取り組みは、オプティムがモノタロウと連携して佐賀県で「モノタロウAIストア」を実験オープンしたほか、JRは昨年10月に赤羽駅のホームで無人コンビニの実証実験を行うなど、動きが全国的に加速している。

なお、近商ストアは近鉄沿線を中心にスーパーマーケットを展開する近鉄グループの企業で、大阪、奈良、京都の3府県に合計37店(スーパーマーケットKINSHO 25店/食品専門館ハーベス 12店)を展開、売上高651億円(2017年度)。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム