「Alexa Skill Blueprints」が日本でも開始 ほんの数分でスキル開発が可能に

アマゾンジャパンは本日3月26日(火)より、自分だけのAlexaスキルを作成し、Alexaとオリジナルの質問や回答を楽しむことを可能にするツール「Alexa Skill Blueprints」を発表した。これは、昨年より米国で先行して公開されていた簡単スキル生成機能だ。



Alexaスキルの数は日本国内でも2500を超えた。背景にはスキル開発の容易さがあるものの、カスタムスキルを開発しようと思えば数週間から数ヶ月はかかってしまう。しかし今回利用可能になった「Alexa Skill Blueprints」を使えば、ほんの数分で自分のスキルを作ることが可能だ。



Alexa Skill Blueprintsは、テンプレートの手順に従い空欄を埋めるだけで、簡単に自分だけのAlexaスキルを作成できるというもの。



日本で使用できるテンプレートはグリーティング系4種類と、フラッシュカードやルーレット、トリビア、カスタムQ&Aの8種類。



Alexa Skill Blueprintsの公式ページにアクセスし、自身のアマゾンアカウントでログインすることで、すぐにスキルを作ることができる。

記者向けの説明会では参加者全員がその場でスキル作成を行なった。

そして実際に1〜2分で作ったのがこちらのスキルだ。これはグリーティング系の「春のお便り」を使って作成したスキル。



Alexaの読み上げるテキストを作り、画面付きのEchoデバイスの背景に表示する画像を選択し、画像のキャプションをつけるだけ。これを3ブロック分作ることで一つのスキルとなる。テキスト読み上げではなく、自身で録音した音声を使用することも可能だ。

Blueprintsで作成したスキルは、メールやSNSでの共有、リンクの共有をすることで、他の人のアカウントに紐づけることもできる。



また、「カスタムQ&A」というテンプレートを使えば簡単に自分だけの質問スキルが作ることが可能だ。

「カスタムQ&A」はアメリカでもよく使われているテンプレートで、質問と回答を入力していくだけで、自分だけの質問スキルを作ることができる。



たとえば「ハサミの場所を教えて」と質問欄に、「ハサミの場所は棚の右上です」と回答欄に入力すれば、自宅専用の質問集を作ることが可能だ。カスタムQ&Aはスキルを立ち上げずに利用することができるため、「アレクサ、ハサミの場所を教えて」と言えば、登録した回答を教えてくれる。


質問のゆれを吸収するために複数の質問方法を入力できる。言葉通りに質問しなくても、近い聞き方であればAlexa側で表現のゆれを吸収してくれる

「カスタムQ&A」はBlueprintsの中でも特殊なテンプレートで、他のアカウントへ共有することはできない。あくまで家族専用のQ&Aとなる。これまでのAlexaはWikipediaから幅広い知識を答えてくれていたが、カスタムQ&Aを使えば家族しか知らない質問にも答えてくれるため、自宅内でのALexaの楽しみ方が広がりそうだ。

この他にも、単語帳のように学習ができるフラッシュカードや、ランダムで選択肢を選んでくれるルーレット、豆知識を登録可能なトリビアなどのテンプレートが用意されている。本当に簡単に作ることができるため、ぜひ試してみてもらいたい。

米国ではすでに50以上のテンプレートが公開されている。また、今年2月よりスキルストアでの公開も可能になっているが、この機能は日本では未対応だ。

日本でもテンプレートが増えていくことで、さらにAlexaの活用が広がっていきそうだ。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム