「Alexa, call Audible!」AudibleのカスタマーサポートをAmazon Echoから呼び出し可能に。

Amazonのオーディオブック子会社「Audible」が米国のAlexaユーザー向けに音声でカスタマーサポートを呼び出せる機能を発表した。

Alexa, call Audible.
Alexa, contact Audible Customer Service.
Alexa, connect me to Audible Customer Support.

などと指示するだけでカスタマーサポートにつながる。

呼び出しは24時間、年中無休で利用可能となっている。AIによるサポートではなくカスタマーサポートのスペシャリストと実際に通話でやりとりする仕組みで、トラブルシューティング、書籍のリコメンド、設定方法などをサポートしてもらえる。気軽にハンズフリーで利用できるのは誰にとってもメリットだろう。さらに障がいを持つ人にとっても新たな連絡方法として活用しやすいはずだ。


この機能はほとんどのAlexa搭載デバイスで利用できるが、一部の通話ポサポートしていないデバイス(Fire TV Cube、Echo Look、Alexa voice remote、Sonos)が非対応となっている。またEcho Dot Kids Editionは指定された電話番号にしか電話をかけられないのでカスタマサポートにつなげることができないため利用できない。

今回のAlexaを使ったスタマーサポートは初の事例だという。Alexaの使い方のひとつとして今後定着していくのか注目したい。




Source:Audible

ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム