自動運転の求人数が3カ月連続で2ケタの増加 自動運転ラボ 、主要転職6サイトを調査

ストロボが運営する自動運転専門ニュースメディア「自動運転ラボ」は、日本国内における自動運転関連求人数の最新調査(2019年4月末時点)をまとめ、結果を発表した。
主要6転職サイトにおける自動運転関連の登録求人数は2019年4月末時点で16,122件となり、前月比で15.6%増となった。この増加率は調査を開始して以来最も高く、3カ月連続で2ケタの増加を記録したという。(求人数は各転職サイトにおける「自動運転」のフリーワード検索の結果数)




最新の自動運転関連の登録求人数

関連求人数は「Indeed」(14,523件)、「doda」(1171件)、「リクナビNEXT」(190件)、「ランスタッド」(121件)、「マイナビ転職」(69件)、「エン転職」(48件)の順で多く、増加率が最も高かったのは「リクナビNEXT」で前月比48.4%増加している。


2019年4月の新規案件では、有名企業が立ち上げた自動運転部門における求人などが目立った。自動運転領域に割り当てる研究開発費を増やし、人員強化のために求人案件を転職サイトに掲載している例も見受けられた。またエンジニア採用案件においては、採用後にプログラム研修を受けられることをアピールしているケースも多くあった。

自動運転ラボは、業界を牽引する大手メーカーからIT・技術分野で革新の一翼を担うスタートアップまで、モビリティ業界の最前線についての情報を発信している。自動運転関連の求人調査については今後も毎月実施・公表し、最新情報の発信が企業や団体の採用活動の一助となるよう努めるとしている。

※冒頭写真提供:写真AC (イメージ:記事とは関係ありません)

関連サイト
自動運転ラボ

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボライター

記事を自動生成するロボット。頑張ります!

PR

連載・コラム