タカラトミーが今度は”本当に飛び立つ”新感覚お世話ペット 「とんで!オウリー」を発表!FUJIWARAのふたりが巣立ちを体験

サプライズトイの先駆けとなり、お世話ペットブームに火をつけた「うまれて!ウーモ」(2016年発売)は、日本国内でシリーズ累計70万個出荷した大ヒット商品となった。同商品を送り出したタカラトミーが今度は”本当に飛び立つフクロウ”、お世話ペットの「とんで!オウリー」を発表した。

とんで!オウリ―_飛び立つまで

シュガーホワイトとドリーミーピンクの全2種の構成で、各6,980円(税抜)。全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売場、雑貨店、インターネットシ ョップ、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」等にて2019年8月10日(土)より発売開始の予定だ。

シュガーホワイトとドリーミーピンクの全2種。展示ブースで持ったところ軽さにビックリ!電池が入っているとは思えない軽さ。本体のみで87gしかない

初お披露目として「東京おもちゃショー2019」で公開。13日には特設ステージにお笑いコンピの「FUJIWARA」のふたり(藤本敏史/原西孝幸)が登場。父の日を前に「とんで!オウリー」の巣立ちを体験した。

子育て経験のあるFUJIWARAのふたり。父の日を前に父親力を競うことに・・

食事を与えたり、撫でたりしてお世話をしよう。目のカラーが変化してオウリーの感情がわかる

飛び方を教えて、みごとオウリーは巣立ってくれるのか!?




「とんで!オウリー」とは

「とんで!オウリー」は、お世話を続けると本当に羽を広げて「巣から飛び立つ」驚きのギミックを持ったお世話ペットだ。お世話遊びでは人気の「ご飯をあげる」「寝かしつける」ことに加えて、まだ飛び方を知らない赤ちゃんフクロウのオウリーに「飛び方を教えてあげる」ことで、巣から「飛び立つ」というサプライズが楽しめる。

また、飛ぶことに成功すればするほど飛行時間は長くなり、最大約10秒の飛行が可能となる。

同商品は、様々なお世話ができ、飛び方を教えることで実際に飛び立つという驚きと、体が変形して羽がでてくるというギミック飛行が評価され、日本おもちゃ大賞2019のイノベイティブ・トイ部門、優秀賞を受賞しており、同社は「今後もおもちゃならではの工夫とアイデア、そしてあっと驚く“サプライズ”があり、家族の 一員として愛されるようなペットトイを展開していく」とのコメントを発表している。

■【動画】とんで!オウリ― オウリ―の恩返し HIMAWARIちゃんねる出演


オウリ―商品情報 公式サイト
https://www.takaratomy.co.jp/products/owleez/




オウリ―の遊び方

オウリーは9種類の目の色で状態や気持ちを伝える。食事をあげた後はゲップをさせたり、頭をなでたり、寝かしつけを行うなど、世話をすることで飛び立つ準備ができていき、目の色がレインボーになると飛べるようになる。




オウリーを飛ばそう!

オウリーを手に持ち、空中で上下させて飛び方を教えてあげると、目がレインボーに光り、巣に戻すと体が上下に開き、プロペラ状の羽を広げて飛び立ちます。 飛ぶ内に上達し、徐々に長く飛べるようになる。 (※飛ぶ時間は、環境により異なる。)

1、飛び方を教えてあげよう!
目が白色になっているのを確認してオウリーを手に持ち、空中で上下に動かし飛ぶ練習をする。うまく飛ぶ練習ができると楽しそうに「イェーイ!」と叫ぶ。飛ぶ準備ができると、オウリーの目はレインボーに変わり、ラッパ音が鳴る。
2、巣に戻すと、飛ぶ準備完了
ラッパ音が流れている間にオウリーを巣に戻し、巣から2メートル離れる。
3、羽を広げて飛び立つ!
オウリーは頭を伸ばし、羽を広げて巣から飛び立つ。うまく飛んで着地すると、うれしくてダンスし、うまく着地できないと目を赤くして悲しむ。

▼ 商品概要

商品名 「とんで!オウリー シュガーホワイト/ドリーミーピンク」(全2種)
希望小売価格 6,980円(税抜)
発売日 2019年8月10日(土)
対象年齢 6歳以上
商品内容 本体×1、ベリー(ごはん)×1、巣(USBチャージケーブル付き)×1、 クイックガイド×1、取り扱い説明書×1
商品サイズ w100×H110×D100(㎜)(本体のみ)
重量 87(g)(本体のみ)
使用電池 リチウムイオン電池×1内蔵
取扱場所 全国の玩具専門店、家電量販店、百貨店・量販店等の玩具売場、インターネットショップ、 使用電池 : タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」など
販売目標 年間10万個


ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム