今年も自動運転バスが江ノ島の公道を走る!昨年の2倍、約4kmに延伸、信号機との連携や右折の自動化も(試乗の一般公募あり)

小田急電鉄、小田急グループの江ノ島電鉄、ソフトバンクグループのSBドライブは、神奈川県と連携して、2019年8月21日(水)から30日(金)まで、江の島周辺の公道において、自動運転バスの実証実験を実施する。昨年に続く2回目で、昨年の一般試乗の募集は24時間で満員に達した。

昨年の実証実験の車両

この実証実験は、神奈川県が取り組む「ロボット共生社会推進事業」と、小田急グループが目指す自動運転バスの実用化に向けた取り組みとして、昨年に引き続き実施するもの。セーリングワールドカップシリーズ江の島大会に合わせて、8月26日(月)からは一般の人が試乗できる機会を設ける(無料・事前申込制)。それにより、技術面に加えてサービス面での検証も行う。

昨年の報道発表会の様子 写真左から、SBドライブ株式会社 代表取締役社長兼CEO 佐治 友基氏、藤沢市長 鈴木 恒夫氏、神奈川県知事 黒岩 祐治氏、小田急電鉄株式会社 取締役社長 星野 晃司氏、江ノ島電鉄株式会社 取締役社長 楢井 進氏

運行ルートは、江ノ電バスの既定運行区間を一部延長した「県立湘南海岸公園中部バス駐車場」(臨時バス停)から「湘南港桟橋バス停」の間で、昨年の2倍の距離となる約4km(片道約2km)を走行。



信号機と連携、右折の自動化へ

今回の実証実験では、車両が信号情報を取得して走行するほか、交差点に設置したセンサーによって対向車の有無を確認して右折するなど、昨年より高度な技術検証を行います。また、車両に車掌が同乗して、試乗者の乗降の補助や乗車時の本人確認、車内外の安全確認を行うなど、自動運転バスの実用化に向けて、技術面以外の必要なサービスについても検証する。

日程
2019年8月21日(水)~30日(金)の平日
※ 一般試乗:8月26日(月)~30日(金)
※ 天候・災害などの理由により、中止になる場合があります

運行ルート
「県立湘南海岸公園中部バス駐車場」(臨時バス停)~「湘南港桟橋バス停」
往復約4km(片道約2km)

運行時間
10:00~16:00(往復5便)
※一般の人も乗車体験できるが予約制

内容
一般車両や自転車、歩行者が行き交う環境での自動運転バスの走行検証および技術面以外の自動運転バスに必要なサービスの検証

使用車両
小型バス日野ポンチョをベースにした自動運転車両(定員8名)
※ 自動運転レベル3(限定条件の下で、システムが全ての運転タスクを実施し、システムの要請などに応じてドライバーが適切に対応)相当
で走行

予約方法
一般試乗には事前予約が必要。
8月5日(月)10時から8月20日(火)15時まで、以下のサイトに
て先着順で受け付け(募集人数400名)。乗車料金は無料。
<予約サイト>
https://buscatch.jp/dtod/enoshima.php

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム