カメラ搭載の10インチスマートディスプレイ「Google Nest Hub Max」が米国・英国・オーストラリアで発売!

2019年9月9日、Google Nest Hub Maxがついに販売開始となった。
2019年5月のGoogle I/O 2019で発表されていた製品で、予告されていた通りの発売時期となっている。



発売決定となったのは米国、英国、オーストラリアの3カ国。価格は米国で229ドル、英国で219ポンド、オーストラリアで349豪ドル。

カラーバリエーションはチョークとチャコールの2色展開となっている。



Google Nest HubとGoogle Nest Hub Maxの違いは7インチから10インチに拡大したディスプレイ、筐体サイズ拡大によりスピーカーを改善した音質改善、そして本体上部にカメラを搭載したことだ。このカメラ搭載により、Google Nest Hubでは利用できなかったGoogle Duo、Nest Cam、FaceMatch、ジェスチャー機能などが利用できる。



特にカメラに写った顔を個人認証するFaceMatch機能により、個人向けに予定やリマインダーなどを通知してくれるのは魅力的だろう。

ぜひ日本でも導入して欲しいスマートディスプレイだ。


Source:Google Store(US) / Google Nest Hub Max

ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム