日本の製造業、AIをどう使うか?「次世代の製造現場へ提案 NVIDIAディープラーニングセミナー」10/21開催 参加無料

NVIDIAは東京国際フォーラム(ホールB7)で「次世代の製造現場へ提案 NVIDIAディープラーニングセミナー」を10月21日(月)に開催することを発表した。セミナーでは、日本ディープラーニング協会の理事でABEJAのCEOを務める岡田 陽介氏が基調講演を行い、エヌビディア、日本マイクロソフト、マクニカをはじめ計8社の講師が登壇する。
イベントは、製造業の課題解決に、今後ディープラーニングの活用を検討している人、他業種で製造業の導入例も参考にしたい人などが主な対象となる。


ディープラーニングソリューションの導入事例を当事者から共有

近い将来に日本の製造業が直面する、または既にその兆候が表れ始めている製造現場での人手不足問題やそれに伴う技術の伝承の問題を解決する手段として、製造業におけるディープラーニングの積極的な活用が急務となっている。

セミナーでは、NVIDIAとパートナーが提供する製造業向けのディープラーニングソリューションを紹介するとともに、それらのソリューションを活用し始めている導入事例を当事者から直接共有してもうらうことにより、自らの製造現場に導入を検討している人の一助となるセミナー。

セミナーは無料で、定員は280名。開催日は10月21日(月)の10時30分から。東京国際フォーラム ホールB7会場で行われる。  

■開催スケジュール
・10:00 – 10:30: 受付

・10:30 – 10:40: 開会の挨拶
エヌビディア 日本代表兼米国本社副社長 大崎真孝

・10:40 – 11:25: 【基調講演】
「ABEJA Platformが提供する製造業のビジネスモデル変革とオペレーション変革」
日本ディープラーニング理事/株式会社ABEJA 代表取締役CEO 岡田 陽介氏

・11:25 – 11:50
「Jetsonを利用した現場実装事業展開モデル」
武蔵精密工業株式会社 上席執行役員 新規事業統括 伊作 猛氏

・11:50 – 12:10: 昼食(お弁当とお茶を用意)

・12:10 – 13:00: 展示ブース紹介とセッション
「スマートファクトリーにおけるディープラーニング活用事例」
株式会社マクニカ マクニカイノベーション戦略事業本部 データビジネス事業部AIリサーチセンター 楠 貴弘氏

・13:00 – 13:25
「世界最先端画像処理ライブラリHALCONが提供するディープラーニング機能のご紹介」
株式会社リンクス 画像システム事業部 HALCON プロダクトマネージャー 牛垣 雅人氏

・13:50 – 14:15
「ディープラーニングでロボットアームや建機を自動化」
株式会社DeepX 代表取締役 那須野 薫氏

・14:15 – 14:30: 休憩

・14:30 – 14:55
「Jetson Nano開発者キットからの移行~試作から量産へ~」
株式会社リンクスアーツ 代表取締役 澤崎 伸太郎氏

・14:55 – 15:20: Coming soon
日本マイクロソフト コンシューマー&デバイス事業本部 デバイスパートナー営業統括本部 IoTデバイス本部 平井 健祐氏

・15:20 – 15:45
「製造業におけるNVIDIAのGPUコンピューティングプラットフォームとディープラーニング活用事例のご紹介」
エヌビディア合同会社 テクニカルマーケティングマネージャー 橘 幸彦

・15:45- 15:50: 閉会の挨拶

関連サイト
イベントページ

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム