LEDディスプレイの時計表示がたまらない、新機種「Amazon Echo Dot with Clock」実機レビュー!

2019年10月16日より国内出荷開始となったAmazon Echo Dot with Clock。ロボスタ編集部に届きましたのでレビューします。


開封の儀

まずはパッケージを開封していきます。


左がEcho Dot with Clock。右がEcho Dotです。パッケージ写真で本体側面にデジタル時計がついたことが分かります。



開封すると本体、電源アダプター、簡単な説明書となります。


見た目はEcho Dotと変わらない

本体をチェックしてみると、外観としてはEcho Dotと変わらないようです。


左がEcho Dot with Clock、右がEcho Dotです。筐体のサイズなどカタログスペックも全く同じです。うっすらLED部分がわかるかと思ったのですが、わかりません。また自動調光用の光センサー内蔵も内蔵されているのですが、これも見た目ではわかりませんでした。



背面見ても同じ。ここで混ぜてしまったら電源入れるまで区別つかないかもしれません。


使ってみての感想

セットアップはスマートフォンのAlexaアプリを準備して、Echo Dot with Clockの電源を入れるだけです。あとはアプリの指示に従うだけです。あっという間に終わります。



LED表示はてっきり数字の表示だけかと思いきや、セットアップ中に「HELLO」という文字がスクロールしました。写真では「ELLO」になってしまいましたが、これは驚きました。



セットアップが終わるとLEDで時計が表示されます。くっりきして見やすいです。

Alexaアプリでディスプレイの明るさ自動調整のON/OFF、24時間時計表示などを設定することもできます。デフォルトでは明るさは自動調整、12時間表示になっています。



天気や気温を尋ねると、外気温が表示されます。タイマーをセットすれば残り時間もカウントダウン表示されます。素晴らしいです。



時計表示の右下の「・」はアラームインジケーターです。アラームをセットするとここが光ります。

Alexaアプリから「Tap Gestures」の設定でアラームのスヌーズを本体上部のタップで行うようにすることもできます。寝室向けの目覚まし時計としてとてもいい機能です。



音楽再生時に音量を変えるとリングのLEDと同時にLED表示の数字も変化します。細かいところまでLED表示を作り込んでいて感心します。もはやEcho Dotだけではなく、あらゆるEchoでこのLED表示が欲しいところです。

Echo Dot with Clockの気になる価格はEcho Dotの5,980円に対して1,000円高い6,980円。その差額分以上の魅力はあると思います。Echo Dotを買おうと思っていた人には、Echo Dot with Clockをオススメします。



ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム