ロボユニが「aibo」の公式ウェアを企画・開発・製造へ 「ロボコレ2019」でお披露目

Rocket Roadが展開するロボット用アパレルブランド「ROBO-UNI」(ロボユニ)は、aiboの公式ウェアを企画・開発・製造することを発表した。

aiboの公式ウェアは、11月5日渋谷スクランブルスクエア(SHIBUYA QWS)で開催するRocket Road社主催のロボットプレタポルテコレクション「ロボコレ2019」(参加企業20社、 ロボット約80体以上が参加)で初お披露目。販売用ウェアの詳細は後日ソニーが発表を行う。

「ロボコレ2019」はRocket Road社が主催する「ROBO-UNI」によるロボットファッションショーイベント。「人間社会とロボットたち」をテーマに、服を着たロボットたちが様々なシーンで活躍し始めている傾向を見ることができる。開催場所は、渋谷エリアの新しいランドマークとして2019年11月1日(金)に開業する大規模複合施設「渋谷スクランブルスクエア」。ユカイ工学のQoobo、デアゴスティーニ・ジャパンの初代ロビ、ロビ2、ソフトバンクのPepper、ソニーモバイルコミュニケーションズのXperia Hello!などが登場する。

ロボユニは、様々なロボットの公式衣装をデザインして開発・製造を行うロボット専用アパレルメーカー。日本の最先端素材と高度な縫製技術を活用し、ロボットシステム企業との連携による実験データから生みだされる独自設計によりロボット用アパレルを製造している。


ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム