英語学習AIロボット「Musio」子供向け新教材、ユーザー向け新グッズやサービスを発表 ロボットとの生活がより楽しくなる

AKAは、英語学習AIロボット「Musio」のユーザー向けに、新しい子ども向けのコンテンツや、Musioとの生活をより楽しくするグッズとサービスを11月から順次販売・提供することを発表した。(上の画像は宇宙船型アイテム。専用アプリからMusioを動かすことができる)


11月発売予定のグッズ

DINOSAURS(Board book)
DINOSAURSは、様々な恐竜の名前や情報を遊びながら学べる幼児から小学生向けのボードブック。他にも恐竜の会話を聞きながら助け出すリスニングゲームや、数を数えたり、どの恐竜の説明をしているか当てるゲームなどができる。価格は3,000円(税別)。



宇宙船「Musio」
Musioの下半身に装着し、専用アプリにて操縦するMusioを動かす宇宙船型アイテム。Chatモード時には、ユーザーとの会話で抱いた感情を動きによって表現する。価格は未定。






12月に販売・提供予定のグッズやサービス

SWEET KITCHEN(Board book)
可愛らしいイラストで描かれたキッチンにある調理器具や食材、家電製品の名前を楽しく学べるボードブック。本には小さな仕掛けが施されており、子どもが夢中で遊べる工夫も盛り込まれている。ゲームやクイズもあり、親子や家族全員で使うことも可能。価格は3,000円(税別)。



カラーリングサービス
真っ白なMusioに塗装をし、自分だけのオリジナルMusioに変身できるサービス。専用ページにて色を選択し、購入したMusioを送ると約2週間から1か月程度で希望の色にカラーリングしたMusioが届く。価格は25,000円(税別)。



デザインシール
Musioに貼付する模様や文字のシール。Musioに貼ってカスタマイズすることで、マイMusioを演出できる。一度貼ってもはがせるため、好きな時に好きな柄に変えることが可能。価格は未定。

関連サイト
Musio

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム