ロボットのためのAI「COREVERY」エクサウィザーズが提供開始 持つ、測る、塗る、盛り付けなど可能に 国際ロボット展で公開

AIを利活用したサービス開発を行う株式会社エクサウィザーズは、利用者にAIやプログラミング知識がなくても、利用状況に合わせて各種ロボットに動作を学習させ、実行させることが可能な、ロボットのためのAI「COREVERY」(コレベリー)の提供を12月12日(木)より開始。12月18日(水)から12月21日(土)まで東京ビッグサイトで開催される「2019国際ロボット展(iREX2019)」に出展する同社ブースにて、「COREVERY」の技術展示を実施することを発表した。


同社は、人間の業務をあらゆるロボットが補完できるようにすることを目指した技術開発を進めている。その結果、視覚・触覚・聴覚に代わるいろいろなセンサーで取得したデータに基づいて、AIがロボットに適切な行動を実行させるマルチモーダルAIを開発した。「液体・粉体秤量」や「力加減が必要な組み付け作業」、「サラダの盛り付け」や「タオルの折りたたみ」等、ロボットによる不定形物や柔軟物を取り扱う難易度の高い作業を実現したという。今回の技術はこれらを背景として開発されたもの。

「COREVERY」について
COREVERY詳細ページ(公式)
https://corevery.jp/




COREVERYの特徴

プログラミングでは実装できなかった状況・状態・物性等に適応した動作を実現させる「COREVERY」は、様々な動きを手動でも覚えることができ、振り返り学習を続けることで精度を向上することができる。具体的には以下の3つが挙げられる。


AI・プログラミングの知識は不要、様々な動きを”手動でも”覚えさせられる

AIによる制御を用いることで手動でもロボットに動作を学習させることが可能となるため、AIやプログラミングの知識がない方でも簡単に動作を設定できる。


状況・状態・物性等を認識できるため、一定の柔軟性を持った対処が可能

例えば液体の秤量の際、ビーカーで覚えさせた作業を他の容器(コップ等)で再現することや、グリセリンで覚えさせた作業を他の液体(油等)で再現することができ、柔軟性の高い対処が可能だ。


作業を振り返り学習を続けるため、 使えば使うほど理想の動きに近づいていく

動作データを学習し続けることで、作業精度の向上や作業時間の短縮を可能にする等、使い続けることでロボットが理想の動きに近づいていく。

COREVERYの特徴

▼ COREVERYの活用例

単純作業の代替や熟練者の動作再現等、様々なシーンで活用可能
1. 単純作業の代替(化学品、製薬、化粧品等)
 ―「配合のために試験管を振り続ける」等の単純作業の代替に。
2. ドローンでの点検(検査、メンテナンス)
 ―ドローンを用い、棟梁、工場、プラントのサビやセメントのかけ等の検知に。
3. 食品の把持、調理、盛り付け(食品)
 ―肉・魚等、形が一定ではない食品の把持、調理、盛り付け等が可能。
4. 熟練者の動作再現(製造)
 ―研磨・研削等、熟練の作業者の動作をロボットで実現。
5. 危険な環境での仕事の代替(産業廃棄場)
 ―大量の産業廃棄物のクレーン処理等、危険な環境の作業も自動化。
6. 農作物の栽培・収穫(食品)
 ―作物の育成状況を加味して、人と同様に適切な栽培を実現。

▼ 2019国際ロボット展 出展概要

名称 2019国際ロボット展[INTERNATIONAL ROBOT EXHIBITION 2019(iREX2019)]
会期 2019年12月18日(水)〜21日(土)10:00~17:00
会場 東京ビッグサイト 青海展示棟Aホール(東京都江東区青海1-2-33/東京テレポート駅より徒歩2分)
ブース番号 A-32
主催 一般社団法人日本ロボット工業会、日刊工業新聞社

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム