Didiがレベル4自動運転車実現のためにNVIDIAと連携 クラウドで学習、NVIDIA DRIVEで推論

世界的な移動交通プラットフォームの中国Didi Chuxing(滴滴出行:ディディチューシン)はレベル4自動運転車実現のためにNVIDIAと連携する。DiDiがNVIDIAのGPUとAIテクノロジを活用して、自動運転とクラウド コンピューティングのソリューションを開発すると発表した。(上の画像はDidi Chuxingの公式サイトから引用)


NVIDIA DRIVEのDNNを使用して、車の全周囲の環境を把握

Didi Chuxingはアジア、中南米およびオーストラリアの5億5,000万人のユーザーに対して、Express、Premierおよび、Luxeといったタクシーサービス、バスサービス、ドライバー派遣、バイクシェアリング、Eバイクシェアリング、自動車ソリューションおよびフードデリバリーを含む、アプリベースの包括的な輸送サービスを提供している。DiDiプラットフォームを活用している数千万人のドライバーは、フレキシブルに年間10億人の人々の移動を助けている。

DiDiは自社データセンターでNVIDIA GPUを使用して機械学習アルゴリズムをトレーニングし、自社のレベル4自動運転車の推論のためにNVIDIA DRIVEを使用する。8月にDiDiは自動運転部門を1つの会社として独立させ、業界のパートナーとの幅広いコラボレーションを始めた。

DiDiの自動運転車のAIを集約的に処理するためにNVIDIA DRIVEが、多数のディープニューラル ネットワーク(DNN)を使用して、あらゆる種類のセンサー(カメラ、ライダー、レーダーなど)からのデータを融合し、車の全周囲の環境を把握し、安全な経路計画を立てる。

NVIDIAの自動運転車担当バイスプレジデントであるリシ ダール(Rishi Dhall)氏は、以下のように述べている。

NVIDIA自動運転車担当バイスプレジデント Rishi Dhall氏
「安全な自動運転車両の設計には、クラウドと車両内のエンドツーエンドの AIが欠かせません。NVIDIAのAIにより、DiDiはより安全で効率的な交通システムを開発し、多様なクラウドサービスを提供できるようになるでしょう」

これらのDNNのトレーニングのために、DiDiはNVIDIA GPUデータセンターサーバーを使用する。クラウド コンピューティングでは、DiDiはAIインフラストラクチャの構築も行い、コンピューティング、レンダリングおよびゲーミングのための仮想GPU(vGPU) クラウドサーバーを稼働する。

DiDi Cloudでは、新たなvGPUライセンスモードを採用して、より良い体験、より充実したアプリケーション シナリオ、およびより効率的で柔軟なGPUクラウドコンピューティングサービスをユーザーに提供する。現在、DiDi Cloudは、NVIDIAを含む業界のパートナーたちと連携して、運輸、AI、グラフィックス レンダリング、ビデオ ゲームおよび教育サービスを提供している。

年間100億人を輸送しているDiDiは、自社の技術力、データ リソース、ならびにテクノロジリーダーやOEMパートナーたちとの積極的な提携を活用して、自動運転技術の安全で、大規模な利用を実現するための取り組みを進めている。

関連サイト
Didi Chuxing

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム