「超電磁ロボ コン・バトラーV」と「超電磁マシーン ボルテスV」がTシャツ化 70年代を代表するロボットアニメの金字塔

ハードコアチョコレートは、1970年代に東映が製作した「超電磁ロボ コン・バトラーV」「超電磁マシーン ボルテスV」とコラボレーションしたアパレル商品を2020年3月に発売したことを発表した。

Tシャツの定価は4,400円(税込)。販売場所は「東中野 ハードコアチョコレートヘッドショップ」「ハードコアチョコレート大阪」「ハードコアチョコレート オンラインストア」「Amazon.co.jp」。

ふたつの作品は「長浜ロマンロボシリーズ」として知られ、「闘将ダイモス」を含めて「三部作」と呼ばれている。時期的にはこの三部作を経てロボットアニメは「機動戦士ガンダム」へと続いていく(当時のファンから、ガンダムは「無敵超人ザンボット3」「無敵鋼人ダイターン3」など日本サンライズ(現サンライズ)のオリジナル作品シリーズの系統としてとらえられている)。
Tシャツのサイズは以下の通り。

■サイズ
160:着丈62cm×身幅46cm
S :着丈65cm×身幅49cm
M :着丈69cm×身幅52cm
L :着丈73cm×身幅55cm
XL :着丈77cm×身幅58cm
XXL:着丈81cm×身幅63cm


超電磁ロボ コン・バトラーV(コンバイン・ネイビー)




ハードコアチョコレートとのコラボは、重厚感とド派手な超電磁感を失わないカラーリング。東映公式のオリジナルなフォルムが懐かしいデザインとなっている。


素材構成:綿100パーセント








超電磁ロボ コン・バトラーV ストーリー(プレスリリースより引用)
地球に向けてキャンベル星人が侵略行動を開始!しかし、これを予期していた南原博士は超電磁の力で合体する巨大ロボ「コン・バトラーV」を密かに建造。全国から4人の若者を集め、孫娘のちずるを含めた「バトルチーム」を結成、地球に平和を取り戻すまでキャンベル星人たちと戦い続ける!


超電磁マシーン ボルテスV




ハードコアチョコレートのコラボで実現した「ボルテスV」Tシャツは、「コン・バトラーV」Tシャツと同様のカラーリング。定価は4,400円(税込)。


素材構成: 綿100パーセント








超電磁マシーン ボルテスV ストーリー(プレスリリースより引用)
ボアザン星の侵攻に備え、ラ・ゴールこと剛健太郎博士が妻の光代と妻の恩師である浜口博士の協力で建造したロボット、それが「超電磁マシーン ボルテスV」!ボルトクルーザー、ボルトボンバー、ボルトパンザー、ボルトフリゲート、ボルトランダーの5機が合体して完成する身長58m、体重600tのスーパーメカはとにかく圧巻のド迫力!飛行速度はマッハ20で数多くの強敵を打ち破った!

「長浜ロマンロボシリーズ」第2弾としてファンに親しまれ、ドラマチックなストーリーで多くのファンを魅了!40年経った今もその人気は衰えることを知らず、海を越えた国々でも人気だ!

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム