JR東小金井で「駅そばロボット」の実証実験へ コネクテッドロボティクスの調理ロボットで作業を自動化、安定した美味しさの追求へ

JR東日本スタートアップ株式会社と、「JR東日本スタートアッププログラム2019」で採択された「調理ロボットサービス」を開発しているコネクテッドロボティクス株式会社は、3月3日、株式会社日本レストランエンタプライズ(NRE)と協力し、駅そば自動ロボットによる店舗効率化のため、そばロボットを活用して生そばを茹でる、洗う、締めるという工程を自動で行う実証実験を2020年3月16日(月)14:00より「そばいちnonowa東小金井店」にて開始することを発表した。1時間あたり40食を提供する能力がある。店舗全体の約8時間分程度、従業員約1⼈分の作業量を代替する予定。


現在、国内の外食産業では人手不足がますます深刻化しており、調理の省力化や自動化が大きな課題となっている。同実証実験は「駅そば自動ロボットの開発による店舗効率化」と題して、調理ロボットに特化したAIや制御技術を活用し、駅そば業態をロボットテクノロジーで革新することで、人手不足の解決と味の均一化による飲食店の価値向上の実現を目指すものだ。


実証実験概要

そばロボットを活用することで、店舗全体の約8時間分程度、従業員約1人分の作業量を代替することができ、人手不足の解消・従業員の負担軽減を実現し、安定した美味しさの提供を可能にするとして、東日本グループでは同実証実験の結果を基に、NREが運営する駅そば店舗への本格導入、作業全体の自動化を目指すことで従業員の負担を軽減し、お客様により良いサービスを提供して行くと述べている。

期間 2020年3月16日(月)~4月15日(水)
≪営業時間(月~金)7:00~22:00(土日祝)7:00~21:00≫
場所 そばいちnonowa東小金井店(JR東小金井駅)
内容 自動調理ロボットを活用した駅そばの提供
ロボットの機能 アームロボットが専用てぼを持ち上げ、そばの茹で作業、ぬめり取り、冷水で締める作業を行う。
1時間あたりのそば生産量:40食


【JR東日本スタートアッププログラム】とは
ベンチャー企業などから駅や鉄道、グループ事業の経営資源や情報資産を活用したビジネス・サービスの提案を募り、ブラッシュアップを経て実現していくプログラム。2017年度に初めて開催し、これまでに計63件の提案を採択。鉄道事業やIT事業など幅広い分野の実証実験を行い、一部の取組みは実用化している。

【動画】JR東日本スタートアッププログラム紹介

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム