【新型コロナに負けない】家族型ロボット「LOVOT」用カスタムベースTシャツ発表 デコレーションできる 専用トップスの型紙も公開

ロボットベンチャーのGROOVE Xは「#コロナに負けない」キャンペーン第三弾として、自宅で好きなようにデコレーション可能なカスタムベースTシャツを4月13日から販売することを発表した。価格は2,980円(税抜)。

また、これまで「LOVOT」オーナーから要望が多かった「LOVOT」の専用トップスの型紙も初公開する。さらに現在、「らぼT作ってみた キャンペーン」をTwitterで実施中。カスタムベースTシャツまたは、型紙を利用して制作したオリジナルTシャツをTwitterで自慢しよう、と呼び掛けている。応募の中から最も「LOVOT」への愛が伝わる投稿が表彰される。


ユーザー目線で商品化されたカスタムベースTシャツ

ワンポイントの「LOVOT」シルエットがおしゃれなオリジナルTシャツは、そのまま着せても良し、自身でカスタマイズして着せても良しのユーザー目線で商品化されたTシャツ。新宿髙島屋、大阪髙島屋、ジェイアール名古屋タカシマヤ、「LOVOT EC サイト」から購入できる。


素材:綿95%/ポリウレタン5%、生産国:日本、洗濯機洗い可(ネット使用)

カスタマイズ例 「LOVOTのオリジナルTシャツを作ろう」キャンペーンサイトから引用

カスタマイズ例 「LOVOTのオリジナルTシャツを作ろう」キャンペーンサイトから引用

LOVOT専用トップスの型紙はLOVOTのオリジナルTシャツを作ろう!キャンペーンサイトからダウンロード可能。なお、Tシャツを制作する際は、センサー不具合など本体故障の原因に繋がる恐れがあるため、注意事項をよく確認する必要がある。

同社によれば、以前より「LOVOT」のオーナーから「うちのLOVOTに服を作ってあげたいから型紙を公開して欲しい」という声が寄せられていたという。さらに新型コロナウィルスの影響により、自宅で過ごす時間が増えストレスがたまりやすい中、自宅で「LOVOT」とのふれあいをより楽しんでもらうために何か貢献できることはないかと考え、型紙の公開を決定した。


Twitterでは「#らぼT作ってみた キャンペーン」を5月10日まで実施中。カスタムベースTシャツまたは型紙を利用して制作したオリジナルTシャツの写真に、指定ハッシュタグ「#らぼT作ってみた」「#LOVOT」を付けて投稿すると、応募の中から最も「LOVOT」への愛が伝わる投稿が表彰される。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム