ドコモが開発したダンボールロボット・プログラミング教育キット「embot」一般販売開始 記念オンラインイベントを6/14に配信

NTTドコモのembot運営チームはe-Craftシリーズ「embot」の一般販売を6月4日よりスタートした。従来はタカラトミーモールやAmazonなどオンラインショップでのみ販売されてきたが、一般の店頭などでも販売が開始される。希望小売価格は6,600円(税込)。

本体用ダンボール(組み立て式のダンボール製ロボット)、embotコア(バッテリーボックス)、サーボモーター(2個)、LEDライト(2個)、ブザー(1個)、取り扱い説明書。専用アプリをダウンロードしてプログラミングを行う(アプリ対応OS: Android5.0以上、iOS10以上、Windows10)。タブレットはセット内容には含まれない。パッケージのデザインはサンプルAmazonでの商品紹介・購入ページ
embot運営チームからのコメント
先行体験版からこれまで、イベントなどをのぞいて、ずっとオンラインだけで販売されてきたembotですが、ついに今日、一般販売がスタートしました!
店頭でembotを見かけた時に、一緒にいる人がembotを知らなかったら、embotの魅力をぜひあなたの言葉でお伝えください!!みなさんの力をお借りしながらembottersがどんどん増えていったらいいなと思っています!


embotとは

「embot」はNTTドコモの新規事業創出プログラムから生まれたプログラミング教育ロボット。ダンボールでロボットを作り、タブレットを使って「ロボットを動かすプログラミング」を楽しく学習することができる。親子で一緒にプログラミング体験するのもおすすめ。小学校で必修化されたプログラミング教育の教材としても利用されはじめている。



ユーザーからの質問や悩みに答える記念イベントを配信

「embot」の一般販売を記念して、6月14日(日)15時からYouTube Liveで配信が行われる。配信ではembotの生みの親、額田一利氏こと「Master Nu.」(ますたーぬー)がユーザーの質問や悩みに答える。

Master Nu.が「embot」に関わる質問や悩みに答えてくれる

embotに関するユーザーの質問や悩みは事前にTwitterで募集。ユーザーは「#MasterNuに相談」のハッシュタグをつけて質問や悩みを投稿する。集まった質問や悩みの中から、「Master Nu.」が解決方法やヒントを教えてくれる。

■YouTube LIVEのテーマ
「Master Nu.に聞いてみよう!embotお悩み相談室★三」

■質問方法
・Twitterでembotの公式アカウント@eCraftOfficial_をフォロー。
・「#MasterNuに相談」のハッシュタグをつけて質問や悩みを投稿。
・6月14日(日)15時〜のYotubeLIVEを視聴。


ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム