Alexaスキルアワード受賞チームの最新作「ゲームボックス」Echo Showシリーズ向けに配信開始 あなたの声がコントローラー

Alexaスキルアワード2019グランプリを受賞したチームが手がける最新作「ゲームボックス」が日・米・英で配信開始。

「ゲームボックス」はEcho ShowシリーズなどのAlexaを搭載したスクリーン付きデバイスに特化した家族で遊べるパーティゲームスキル。風船危機一髪ゲームや金庫破りゲーム、もぐらたたきなど、誰でもできるシンプルなゲームを音声で遊ぶことができる。すべてのゲームは4人までプレイ可能。


画面表示には表現豊かなHTML5を採用。アニメーションとVUIを統合した心地よいゲーム体験を目指したという。

ボイスアップラボ株式会社はEcho Showシリーズを始めとしたスクリーン付きデバイスに特化した音声ゲーム「ゲームボックス」を日本と米国および英国のマーケット向けに提供開始したことを発表した。



7日間は無料期間ですべてのゲームを遊べる

「ゲームボックス」ではあえて「アレクサ」からはじまるウェイクワードを多用し、プレイヤーが好きなタイミングで呼びかけることでゲームを主導できるように設計。これにより従来は難しかった「ゲーム中の雑談」も気軽になり、コンソールゲームのようにワイワイ楽しめるゲーム体験が可能。

「ゲームボックス」は利用開始から7日間は無料体験期間で、好きなゲームをいつでも遊ぶことができる。無料期間を過ぎると「無料モード」に移行し、1日1個の「日替わりゲーム」を楽しめる。1日に複数のゲームを遊びたいときは、ゲーム内で月額課金の「月間パス」か買い切りタイプの「無期限パス」を購入する。

・月間パス
サブスクリプションによる月額課金チケット。購読中はいつでも好きなゲームを遊べる。いつでもキャンセルできる。

・無期限パス
買い切りチケット。1回の購入で、無期限で好きなゲームを遊ぶことが可能。



割らずに渡せ!「バルーン」

目の前の風船がゆっくりと膨らんでいく。風船が割れる前に「アレクサ、交代!」と叫んで次の人に交代しよう。制限時間は一人10秒。風船が割れたり制限時間を超えるとゲームオーバー。






数字を覚えてコードを切れ!「時限爆弾」

時限爆弾が仕掛けられた。4色のコードはそれぞれ異なる数字を持つ。「一番大きな数字の色」などの指示に従って正しい色のコードをカットしよう。間違えたりタイムオーバーすると爆弾が爆発してとゲームオーバー。






音だけで開けろ!「アンロック」

金庫室に忍び込んだ。ダイヤルを回して「カチカチ」という音だけを頼りに、金庫を開けよう。ロック解除までのタイムを競う。






すべての動物を覚えろ!「大脱走」

動物園から動物が逃げ出した。みんなで協力して動物を覚えよう。ステージが進むごとに5頭、6頭、7頭と動物が増えていく。






モグラのいる穴を答えろ!「モグラ叩き」

大切な庭をモグラが荒らしている。ピコピコハンマーで撃退しよう。数字が見えたら動きがストップ。そのときモグラがいる穴の番号を答えよう。モグラ以外の動物を叩かないよう注意。







50本以上の音声スキルをリリースするボイスアップラボ

ボイスアップラボは、京都を拠点に活動中の音声スキルやチャットボットを手がけるクリエイターユニット。Amazon AlexaやGoogle Home、LINE Clovaなどのスマートスピーカー向けに、延べ50本以上の音声スキルをリリースしている。

音声+Webで遊ぶ対戦型パズルゲーム「どうぶつびより」にてAlexaスキルアワード2019グランプリを獲得。スキルアワード2018でもラップを歌って九九をマスターする「キャプテン九九」にてファイナリストに選ばれている。質の高いノウハウを元に、企業向けスキルの開発およびコンサルティングを行っている。


※記事公開時「Alexaスキルアワード2019グランプリ作品「ゲームボックス」Echo Showシリーズ向けに配信開始 あなたの声がコントローラー」とタイトルを表記しましたが、正しくは「Alexaスキルアワード受賞チームの最新作「ゲームボックス」〜」でした。修正し、お詫び致します。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム