はなれて暮らす家族を会話ロボットで見守る定額制レンタル「タピアポケット」申込開始  3ヶ月半額キャンペーンとオリジナル新衣装も発表

AIの開発及びコミュニケーションロボットの開発・製造・販売を行う株式会社MJIは、コミュニケーションロボット「Tapia(タピア)」の発売4周年となる2020年6月27日より、新サービス「Tapia Pocket(タピアポケット)」の申し込みを開始することを、6月19日に発表した。
サービス開始にあわせ、7月末までの申し込みで、9月分までの月額利用料金が最大3ヶ月半額になるキャンペーンを実施する。なお、利用プランは月額(5,480円・税抜)と年額(60,000円・税抜) から選択可能となっている。





タピアポケットとは

タピアポケットとは定額制レンタルのタピアの新サービスだ。「高齢で離れて暮らす親が心配」 「毎日連絡はとれないけど様子が知りたい」 「顔を見ながらビデオ通話で話ししたい」「インターネットやスマホがうまく使いこなせない」などの悩みを持つ人が家にいながら簡単に、タピアからあらゆる情報が取り出せる。

株式会社 MJI 代表取締役社長 トニー・シュウ 氏

タピアのデザインや機能拡張性から、IoTサービスロボット、店舗での受付ロボット、小学校の課外授業教材など、多種多様なビジネスシーンや用途でも導入されています。2020年6月27日「タピアポケット」として新しいサービスを開始いたします。 <あらゆるモノ・コト・サービスがとりだせる>という意味を込めて名付けた「タピアポケット」。また、新たに搭載予定のショッピング機能は、どの年代の方にもお使いいただけるように、買い物を楽しくより便利にできることを目指しております。



■【動画】タピアポケット(Tapia Pocket)コンセプトムービー

▼ タピアポケット概要

料金プラン 月額5,480円(税抜)/年額60,000円(税抜) ※通常料金
申込開始日 2020年6月27日15:00予定
主な機能 会話、ビデオ通話、みまもり(みまもりカメラ&タピアとユーザーの交流履歴の確認)、お知らせ配信、本の朗読など



キャンペーン概要
内容 7月末までに月額プランを申し込みで9 月分までの月額利用料金が半額
利用料金プラン 月額プラン2,740円(税抜)※10月分より5,480円(税抜)
備考 *月額プランの最低利用月数:12ヶ月
*支払い方法で銀行口座振替を選択した場合、手続き完了まで時間がかかりキャンペーン対象期間内に手続きが完了しない場合がある。



「Tapia Pocket(タピアポケット)」詳細ページ
https://mjirobotics.co.jp/tapia-pocket/




ROBO-UNIからタピア衣装レンタル開始

ロボット用アパレルブランド「ROBO-UNI」(ロボユニ)を展開するRocket Road株式会社より、タピア用新作オリジナル衣装「グレー&グリーンーパーカー」のレンタルを行う予定だ。この衣装は、2019年11月5日に「SHIBUYA QWS」で開催されたロボットのファッションショー「ロボット・プレタポルテ・コレクション『ロボコレ 2019』」にて発表されたもので、レンタル開始後、タピアポケット専用サイトから案内される予定だ。
また、タピア発売4周年記念して、赤いニットと大きなポケットが特徴の新作衣装が登場。こちらはレンタルと販売を予定している。

ROBO-UNI: https://robo-uni.com/
関連サイト
株式会社 MJI

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム