エクサウィザーズ、高性能2眼レンズ搭載のエッジAIカメラ「ミルキューブ」を提供開始 三密の可視化や子どもの自動撮影など

AIプロダクトの開発と実用化に取り組む株式会社エクサウィザーズは、高性能2眼レンズ搭載のエッジAIカメラ「ミルキューブ」の提供を2020年8月25日(火)より開始した。

持ち運び可能な10cm四方のキューブ型エッジAIカメラで幅広い領域における課題解決に活用が可能だ。同カメラは、ソニー裏面照射型CMOSイメージセンサーによる高解像度と暗所性能を持ち、ユースケースに応じてカスタマイズもできる。また、エッジ処理を行うことで映像をリアルタイムに処理できるだけでなく、運用コスト削減とセキュリティリスク軽減を実現した。
なお、画像解像度は最大1920×1080px、動画のフレームレートは最大30fps。



「ミルキューブ」の概要

「たくさん(Million)」の未来を「見る」ことができる10cm四方のキューブ型AIカメラ、「ミルキューブ」は、暮らしやビジネスを変える可能性を秘めたエクサウィザーズの新しいサービスだ。AIアルゴリズムを組み合わせて実行できるハードウェアとカスタマイズできる高性能カメラで使い方はユーザー次第。「こんなことができたら便利」を実現する、人とテクノロジーの新しいカタチといえる。


「こんなことができたら便利」を実現

AIアルゴリズムを組み合わせて実行できるハードウェアと、カスタマイズできる高性能カメラにより、店舗の顧客分析や工場の業務改善、スポーツにおけるパフォーマンス向上など、幅広い領域における課題解決に活用が可能。また、どこでも簡単に持ち運ぶことができ、高解像度と暗所性能をもつソニー製CMOSイメージセンサーも搭載しているため、AIの自動撮影による思い出写真の記録にも最適だ。

AIの自動撮影による思い出写真



エッジ処理により運用コスト削減とセキュリティリスク軽減を実現

強力なハードウェアを搭載しているミルキューブは、一般的なクラウド型AIとは異なり、端末側で情報処理を行って必要なデータだけをサーバに送信。これにより、映像をリアルタイムに処理できるだけでなく、サーバ側の処理にかかるコストの節約やセキュリティリスクの軽減も実現している。



ミルキューブが提供する6つのソリューション

同カメラを活用することで、施設内の混雑率を常に計測し、混雑が発生した場所を特定可能になる。また、従来のAIカメラでは困難だった店舗の売り上げに関連する動向を類推して検知・数値化することもできる。また、子どもの行動や表情を検知した自動撮影や、介護施設入所者の健康管理、リハビリサポート、その他、幅広い活用方法を想定している。


三密を可視化する

施設内の混雑率を常に計測し、混雑が発生した場所を特定できる。また、対策の成果を確認したり、顧客に公開して安全対策の取り組みをアピールすることも可能だ。




売り上げを科学する

高感度イメージセンサーで店内の様子を精細に捉え、従来のAIカメラでは困難だった売り上げに関連する動向を類推して検知・数値化することができる。




思い出でいっぱいにする

高性能カメラで保育園での子どもの行動や表情を検知し、自動撮影することができる。また、ブレている写真は補正して、おすすめ順に専用サイトに掲載も可能。




大切な人に寄り添う

日常の様子をモニタリングして介護施設入所者の健康管理をサポート。歩き方から転倒リスクや介助方法を推定できるため、リハビリのサポートにも対応可能だ。




仕事が進化する

確認したい作業の様子にフォーカスしたダイジェスト動画を自動作成したり、手本と自身の映像を重ねて比較することで、業務を効率化することができる。




スポーツの楽しみ方を変える

AIフォーム解析で動きを定量化し、良し・悪しを判断​できる。また、チームで行う競技では、撮影した画像を元に3Dモデルを作成し、フィールドを俯瞰でみることも可能だ。



▼【広島県の観光施設でミルキューブを導入、施設内の混雑状況を可視化】
観光施設における安全・安心な観光を実現することを目的として、一般社団法人広島県観光連盟と広島県立美術館(広島市)、広島平和記念資料館(広島市)、大和ミュージアム(呉市)にミルキューブを導入。現在、広島県観光HP「ひろしま観光ナビ」や当該観光施設の公式サイトでは、リアルタイムに近い観光施設の混雑状況を発信することにより、観光客が安心して広島県内を観光できるように取り組んでいる。




オンラインセミナー開催 2020年9月1日(火)、16日(水)

ミルキューブの提供開始を記念して、同エッジAIカメラが目指す新しいサービスイメージや導入事例の紹介、エッジAIカメラの可能性などについてトークするオンラインセミナー 「アルゴリズムと次世代AIカメラ”ミルキューブ”がつくる未来」を2020年9月1日(火)、16日(水)の2回に分けて実施する。

▼ セミナー概要

タイトル アルゴリズムと次世代AIカメラ「ミルキューブ」がつくる未来
日時 2020年9月1日(火)16:00−17:00(第1回)、2020年9月16日(水)16:00−17:00(第2回)(※各回の内容は同じ)
登壇者 ・土倉幸司 氏(株式会社エクサウィザーズ AIプラットフォーム部AIビジョングループ)・Saman Herath 氏(株式会社エクサウィザーズ AIプラットフォーム部AIビジョングループ)・杉田祐也 氏(エクサウィザーズ技術開発部AIビジョン開発グループ)
トークテーマ(予定) AIカメラ市場とは?/ エッジAIカメラの可能性とは / ミルキューブが目指す新しいサービスイメージ / ミルキューブ導入事例の紹介
申込URL 【第1回】http://ptix.at/Le9Xe5【第2回】http://ptix.at/8xwTzv
ミルキューブ公式サイト:https://milcube.com/


ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム