【速報】5G基地局用超小型“見えない”看板アンテナの開発に成功 ソフトバンク、三協立山および日本アンテナ

5Gの普及に当たり、安定した高速通信を実現するために小さなサービスエリア(スモールセル)の構築が不可欠であり、その構築には、多数のアンテナの設置が必要になる。通常、スモールセルの構築で使用するアンテナは、建物の屋上や壁面に設置されており、設置場所や街の景観の制約などから、増設は容易ではない。

以前より、街の景観を損なうことのない“見えない”アンテナの検討が行われてきたが、この度、ソフトバンク株式会社、三協立山株式会社および日本アンテナ株式会社は、コンビニエンスストアなどの商業施設や駅、駐車場などに、容易に設置可能な第5世代移動通信システム(5G)の基地局用“見えない”看板アンテナを共同開発したことを2020年9月10日に発表した。
同アンテナは3社共同で特許出願中であり、今後、3社は多数の基地局の設置が必要となる5Gネットワーク整備に向けて、コンビニエンスストアなどの商業施設や駅、駐車場での活用などへ、同アンテナの導入を推進して行くと述べている。

左:看板を想定したカバー部分/右:看板の内部




“見えない”看板アンテナ 概要

アンテナモジュールを看板に内蔵することで“見えない”アンテナが実現した。また、看板は、広告としての機能を優先させるため、その設置場所や設置方向で制約を受けるが、同アンテナは5G基地局用として、電波の放射方向を柔軟かつ容易に設定できるという特長がある。また、通常の看板設置と同程度の工数で設置可能なため、低コストでスピーディーな基地局展開が期待される。3社は、それぞれの強みを生かし、低コストかつ柔軟性の高い“見えない”看板アンテナの開発を通して、安定的でつながりやすい5G通信環境の構築を目指していくとのことだ。

▼ 各社の役割

ソフトバンク “見えない”看板アンテナを用いた5G基地局の運用
三協立山 看板アセットの提供・活用(タテヤマアドバンス社)
日本アンテナ 看板内蔵アンテナの開発・製作



▼ “見えない”看板アンテナ 特長および主な仕様(予定)

特長 ・アンテナモジュールが看板一体型(看板内蔵型)のため設置工事および保守が容易。
・モジュールは薄型・軽量のため、広告としての機能面および街の景観への影響がほとんどない。
・アンテナ指向性を容易に調整でき、柔軟な設置および運用が可能。
サイズ 約140mm(W)×130mm(H)×50mm(D)
重量 約0.4kg
備考 ※上記はアンテナ部分のみのサイズ、重量。ケーブル、看板への取り付け部材、付属品は除く。

赤枠部分:5G基地局用のアンテナ

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム