Audiostockの膨大な音声データでAI開発できるコンテスト「Neural Network Console Challenge」ソニーとレッジが開催

2020年9月16日(水)から2020年10月19日(月)、企業データを用いてディープラーニングに挑むAI開発コンテスト「Neural Network Console Challenge sponsored by Audiostock(NNC-Challenge)」が開催される。

同コンテストは、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社の技術協力のもと、AIソリューションの企画・開発を行う株式会社レッジが主催、第2回となる今回のコンテストでは、株式会社オーディオストックより、同社が運営する、日本最大級のロイヤリティーフリーBGM・効果音ストックサービス「Audiostock」の音声データ提供による開催となる。
参加者は、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社の提供するAI開発ツール「Neural Network Console(NNC)」を使用し、Audiostockから提供される10,000点もの音声データを用いて、「音声データの自動カテゴライズ」「類似音声のレコメンデーション」「曲に合うジャケット写真を自動選出する」など、テーマを自由に選び、ディープラーニングに挑戦する。

公式サイト:https://nnc-challenge.com




「NNC-Challenge」について

NNC-Challengeは、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供するAI開発ツール「Neural Network Console」を用いて、与えられた題材から自分なりにテーマを設定し、自分なりの解を出すコンテストだ。参加者は、スポンサー企業から提供されるデータを用いて、これからの時代に基幹技術となるであろう、AI・ディープラーニングに挑戦でき、普段から業務でAI開発に携わるエンジニアだけでなく、AI初心者も気軽に参加できるコンテストとなっている。
なお、今年3月に開催された第1回コンテストでは、デジタル画像・動画等のマーケットプレイス「PIXTA」(運営:ピクスタ株式会社)が提供する10,000 点の人物画像データをデータセットとして利用し、227名の参加者がそれぞれのAIモデル開発を行なった。

第1回の受賞者や受賞作品など:
https://ledge.ai/nnc-challenge-pixta-report/



「Neural Network Console」について

コーディング無しでディープラーニング(深層学習)を用いた高度なAI開発を実現するAI開発ツールで、ブラウザ上で動作し、直感的なユーザーインターフェースが特徴となっている。ニューラルネットワークの構造を視覚的に確認しながら、ドラッグ&ドロップ等の操作で設計、学習、評価を行うことが可能。予め用意された関数を組み合わせてニューラルネットワークのモデルを構築でき、学習したモデルの履歴を管理、性能比較まで同環境で行えるため、開発効率を大幅に向上できる。

「Neural Network Console」: https://dl.sony.com/ja/

▼ AIモデル開発コンテスト「NNC-Challenge」 概要

名称 Neural Network Console Challenge sponsored by Audiostock(NNC-Challenge)
内容 Neural Network Console を使ったAudiostockの音声データの自動分類
表彰 最優秀賞 10万円:データ提供企業のビジネスに貢献できるような、現実的なアイデアや精度を実現した参加者に送られる
NNC賞 3万円:Neural Network Consoleを一番使いこなした参加者に送られる
Ledge.ai賞 3万円:おもしろいアイデアや、突き抜けた企画を出した参加者に送られる
主催 株式会社レッジ
協賛 ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社、株式会社オーディオストック
提供データ 音声データ10,000点(データ提供:Audiostock)
開催期間・締切 2020年9月16日(水):データ提供開始
2020年10月19日(月):アウトプット提出締め切り
応募条件 特になし(団体参加も可能。詳細は公式サイトを参照。)
コンテスト応募方法/詳細ページ(公式サイト)
http://nnc-challenge.com

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム