音楽好きのためのスマートスピーカー「Google Nest Audio」発表 クリアなボーカルとパワフルな低音 周囲の音に合わせ音量を自動調整

Googleはクリアなボーカルとパワフルな低音、臨場感のあるサウンド、そしてGoogleアシスタントを搭載した音楽好きのために作られたスマートスピーカー「Google Nest Audio」を2020年10月15日(木)より国内で販売することを発表した。希望小売価格は11,550円(税込)。


クリアなボーカルとパワフルな低音が部屋中に響く

Google Nest Audioは一貫した高周波カバレッジとクリアなボーカルを再生する19mmツイーターと低音を再現する75mmミッドウーファーを搭載し、Google Homeより75%音量が大きく、低音が50%強くなっている。サウンドは500時間以上のチューニングにより、低、中、高音域のバランスをとることで、豊かでクリアな音質を実現。明瞭な低音と深みのあるボーカルでクラシックからR&B、ポップスなどジャンルを問わず優れた音質を再現する。


Google Nest Audioはダイナミックレンジを維持するためにコンプレッサーの使用を最小限に抑え、静かなパートは繊細に、ダイナミックなパートはパワフルに再現することで、作品のコントラストを維持する。

独自設計のツイーターは音質のディテールまでを表現。また、グリルなどの素材を最適化したことで、歪みのない音楽体験を楽しめる。

Google Nest AudioはMedia EQ 機能により、音楽、ポッドキャスト、オーディオブック、Google アシスタントからの応答の再生など、聴いているものに応じて自動的にイコライザーを調整するため、いつでも最適なサウンドを楽しむことができる。さらにAmbient IQにより、Google Nest Audioは室内の環境音に基づいてGoogleアシスタント、ニュース、ポッドキャスト、オーディオブックの音量を調整するため、例えば食洗機が動いていても天気予報を聴き取ることができる。




Stream Transfer機能を使用すると、Google Home アプリから音楽を別のデバイスに移動できる。例えば家に着いたら、スマートフォンで再生していた音楽やポッドキャストを自宅のデバイスに転送できる。

Google Nest Audioは部屋に馴染むスリムな筐体デザインを採用。Google Nest Miniで採用したものと同じ持続可能なファブリックを使い、素材やハウジング、ベース、小さなパーツを含む筐体は70%使用済み再生プラスチックで作られている(筐体は上部と下部のファブリック素材、デバイス本体、その他のパーツが含まれる)。

Google Nest Audioは10月1日(木)からGoogle ストアをはじめ、各地の販売店やオンラインサイトで予約購入の受付を開始し、10月15日(木)より購入できるようになる。


Google Nest Audio を購入できる主要な店舗・オンラインサイト
Google ストア
エディオン
ケーズデンキ
コストコ
上新電機
PCデポ
ビックカメラ
ヤマダ電機
ヨドバシカメラ
楽天ブックス
関連サイト
Google ストア


Chromecast with Google TVも新登場

Google TVを搭載した新しいChromecast with Google TVはテレビ背面のHDMI ポートに設置し、電源を入れるだけで最大4KHDR、最大60フレーム/秒の非常にクリアな動画をストリーミングでき、Dolby Visionの鮮やかな色彩、コントラスト、明るさ、ディテールを楽しめる。また、Dolby のオーディオコンテンツ の HDMI pass-through にも対応している。



新しい Chromecast音声リモコンは、持ちやすく、使いやすく、新機能が満載。専用のGoogleアシスタントボタンを搭載し、見たいものを見つけたり、「今日の天気は?」などといった日常の質問に答えたり、声だけでYouTube Musicを操作できる。ソファでくつろいで映画を観たいときには、スマートホームの照明を制御することも可能。また、YouTubeとNetflix専用のボタンが備わっており、お気に入りのアプリにすぐにアクセスできる。そして何より、テレビの電源、音量、入力切り替えが可能なため、複数のリモコンで操作する必要が無い。Chromecast with Google TVは日本でも提供予定。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム