AIロボット「ロボコット」が杉並区役所で実証実験 住民票/マイナカード/婚姻手続き/議会の傍聴などに多言語で対応

株式会社MILIZEは杉並区が実施する庁舎案内業務実証実験に、AIロボットの「ロボコット」が採択されたことを発表した。

実証実験は11月10日より開始。ロボコットは杉並区役所 南側玄関(青梅街道側)付近に設置され、庁舎案内として、来庁者を担当窓口へ案内する他、住民票の取得、マイナンバーカードの申請、婚姻手続き、すぎなみフェスタ、ハザードマップ、議会の傍聴、等々、区役所が担当する幅広い用件に対応。日本語、英語、中国語、韓国語でサービスを提供できる。また、ロボコットは案内とともにQRコードを表示し、案内情報をスマートフォンに取込むことも可能。実証実験は2020年11月27日まで。


AIロボット「ロボコット」特徴

「ロボコット」はMILIZEと業務提携するタケロボが開発したAIロボット。利用者、管理者とも使いやすい、つぎの機能やサービスを備えている。

1.高い音声認識と回答精度により、利用者と円滑な対話を行う。
2.音声(認識・発話)と画面表示を用い、わかりやすい案内を提供する。
3.AIの登録、学習、成長、管理を簡単に実施することができる。
4.多言語対応が可能につき、様々な国の方との質疑応答や情報提供も可能。


MILIZEとタケロボ社の協業ソリューション

MILIZEはビッグデータを評価・分析・指針策定等を行う分析AIソリューションを提供する一方、タケロボはユーザーからの質問等に対し、回答・案内・情報抽出を行うコミュニケーションAIソリューションを提供している。コミュニケーションAIは利用者からの要望や質問に対して案内や回答を行うことから、顧客ニーズ等の膨大なデータが蓄積され、蓄積したデータ及びMILIZEが保有する多様なビッグデータを掛け合わせ、分析AIで評価・分析を行うことで、行動指針の策定やマーケティングを支援する。

今後、両社はwithコロナ時代に相応しいタッチレスの音声認識AIロボット及びAIソリューションを地方自治体、官公庁、商業施設、金融機関等へ展開する。

【フォロワー2万5千人突破!!】
ロボット、AI、スマートスピーカー、ビッグデータ、自動運転、xR、ドローンなど最新情報が満載
ロボットスタート「ロボスタ」 Facebbok公式ページ

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム