NECが楽天ヴィッセル神戸と顔認証や映像分析技術の実証実験 スタジアムの感染症対策とおもてなしを実現へ

新型コロナウイルス感染症拡大が人々の暮らしや経済活動に大きな影響を与えている中、経済活動を継続する上で人々が集まる場所での効果的な感染症対策が求められている。人々が多く集まるスタジアムでは感染症対策を万全にし、来場者が集まりたいと思える安全・安心な環境作りと、接触機会を最低限にしつつ、質を落とさないおもてなしの実現が課題となっている。

楽天ヴィッセル神戸と日本電気(以下、NEC)は顔認証や映像分析技術を活用し、New Normal時代における安全・安心かつ快適なスタジアム観戦の実現に向けた実証実験を2020年11月15日(日)、11月18日(水)にノエビアスタジアム神戸で行うことを発表した。


映像分析技術を用いた感染症対策

実証実験では一般来場者向けの感染症対策として、映像分析技術を用いた観戦時におけるマスク未着用の検知と、売店前およびトイレ付近での混雑度モニタリングを実施する。いずれもリアルタイムでモニタリングを行い、マスク未着用者をシステムが検知した場合には、スタッフがマスクの着用を案内する。対象エリアの混雑度の値を超えた際もシステムが検知し、スタッフが誘導することで混雑緩和を促し密状態の回避を実現する。また、メディア向けには事前に顔情報を登録した人を対象に顔認証技術とサーマルカメラを組み合わせることで、来場受付と体表温度の測定を非接触かつスムーズに実現する。


図 混雑度モニタリング、マスク未着用検知画面イメージ


顔認証を活用した「おもてなし」

実証に参加するPSC会員(プレミアム・ソシオ・クラブ会員の略称)向けに、来場時に顔画像を登録することで、1階 PSC会員エントランスエレベータ前、PSC会員エントランス出口にあるサイネージのカメラで個人を認証し、PSC会員毎に個別のWelcomeメッセージやThanksメッセージを表示する。PSC会員ラウンジでも手ぶらで顔認証による受付を行うことができ、いずれの顔認証もマスクを着用したまま行うことが可能。また、PSC会員の来場やラウンジで受付を行った人の通知をスタッフに行い、おもてなしに活用する。

PSC会員とは
プレミアム・ソシオ・クラブ会員の略称。「プレミアム・ソシオ・クラブ」とは神戸の街とヴィッセル神戸を愛し、サポートするユーザーを対象としたヴィッセル神戸最高ランクのVIP席。
https://www.vissel-kobe.co.jp/fc/2021/course/#premium

楽天ヴィッセル神戸とNECは、今回の実証実験において、NECの顔認証や映像分析技術等を活用し、人が密集する場所での水際対策と感染リスク低減や、新たな観戦体験によるおもてなしを実現する安全・安心かつ快適なスタジアム運営を目指す。



なお、NECは今回の取り組みをNECグループが開催するオンラインイベント「NEC Visionary Week」(11/12~12/4開催)にて、11/25(水)12時45分~13時45分のプログラム「New Normal時代におけるスポーツ観戦のあり方~安全・安心とおもてなし~」(プログラム番号GS-07)で紹介する予定。

実証で使用するカメラ映像データの取扱いについて
来場者の映像データは今回の実証向けに新たに設置したカメラのみで撮影し、マスク未着用検知と混雑度モニタリングでは、個人を特定する利用を一切行わない。登録されたユーザーの顔情報については、施設内に設置したサイネージによる「おもてなし表示」やスタッフによるおもてなし、ラウンジの受付にのみ利用する。プライバシーについて十分に配慮し、個人情報保護法や関連法令を遵守した上でデータ分析に利用し、外部の機関に共有されることはない。また、撮影した映像の録画は行わず、取得したデータ等は厳重な安全管理措置を講じ、実証実験の終了後に速やかに削除される。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム