ドコモがスマホアプリ対応の通信型ドライブレコーダーと「ドコモ ドライバーズサポート」を発表 家族と繋がる

NTTドコモは、スマホアプリ対応の通信型ドライブレコーダーを発売し、運転中の事故などのトラブル発生時に映像を自動録画したり、事故時に必要な情報を本人や家族に通知するサービス「ドコモ ドライバーズサポート」を11月18日(水)から提供する。このサービスでは、駐車中の異常の通知や危険運転履歴の確認など、安全運転を総合的にサポートする内容も盛り込んだ。NTTドコモは11月13日に報道関係者向け説明会を開催し、概要を明らかにした。

株式会社NTTドコモ  5G・IoTビジネス部 モビリティビジネス推進室 室長 深井秀一氏

機能の一例: 事故の衝撃をドライブレコーダー(ドラレコ)が検知すると前後20秒間の映像をクラウドに自動保存、ユーザーのスマホアプリにその映像を転送したり、自動車保険などの連絡先を通知して、ドライバーの窮地をサポートする

また、このサービス専用の通信型ドライブレコーダーは「ドコモドライブレコーダー DDR01」の名称で全国のドコモショップで同日より販売を開始する。その後、大手ECサイト、カー用品店などにも販売チャネルを順次拡大していく。通信機器はJVCケンウッドと連携した。

ドコモドライブレコーダー DDR01

DDR01 セカンドカメラ(オプション品・別売)

ドコモはこのサービスを通じて家族と「つながる」ことによる安心を提供し、自動車交通における安心・安全な社会の実現に貢献したいとしている。


事故・トラブル時の自動録画、危険挙動運転は警告音で通知

本サービスでは、eSIMを内蔵した通信型ドライブレコーダーとスマートフォンアプリ、クラウドを連携し、事故・トラブル発生時の映像や位置情報を記録するとともに、リアルタイムで家族に通知したり、駐車中の異常を検知して自動でアプリに通知したりすることができる。

主な機能は3つ。「事故通知」事故を検知して前後20秒のドラレコ映像を保存・スマホに通知。「駐車時異常通知」駐車中、衝撃を検知すると検知後10秒間の映像を自動録画・通知。「緊急通知」運転中、緊急通知ボタンを押すと最大で60秒間の映像を自動録画・通知。

また、急アクセル、急ハンドルなどの危険挙動を検知すると、ドライブレコーダー本体の画面表示と警告音でお知らせするほか、アプリで危険挙動の履歴や走行中の位置情報を確認できるため、運転経験の少ないドライバーや高齢ドライバーなど、運転に不安があるご家族を見守ることもできる。




利用料金

利用には、「ドコモドライブレコーダー DDR01」の購入と、このサービスの契約が必要。料金は、サービスの月額使用料300円と、専用料金プラン「ドライバーズサポートプラン」の月額通信料400円(データ容量最大500MB)の合計で、月額700円から利用できる。
「ドコモドライブレコーダー DDR01」はeSIM内蔵のため、購入およびこのサービスのご契約後、ドライブレコーダー本体の操作によりユーザー自身でご利用を開始することができる。





サービス提供の背景

近年、危険運転やあおり運転による事故やトラブルが社会問題となり、ドライブレコーダーへの関心が高まっている。また、一方で高齢ドライバーによる事故が報じられるなど、家族の運転に不安を感じる方も多い。そこで、ドコモの通信機能を活用し、事故発生時に加えて駐車時や日常の運転も総合的にサポートすることで、家族の車にまつわる不安を解消することをめざし、本サービスを提供することとなった。

ドコモが掲げる課題 あおり運転などの危険運転の急増(15,065件:2019年)、危険運転の厳罰化(2020年6月道交法改正)、目立つ高齢者の事故(死亡事故は年間約400件)


キャンペーンを実施

なお、提供開始を記念して、「モニター募集キャンペーン」と「dポイント還元キャンペーン」を実施する。キャンペーンは2種類。「ドコモ ドライバーズサポート紹介サイト」で、このサービスが体験できるモニターを200名募集する。また、「ドコモドライブレコーダー DDR01」および「DDR01 セカンドカメラ」を購入し、「ドコモ ドライバーズサポート」および「ドライバーズサポートプラン」を契約したユーザー、先着2,000名にdポイント(期間・用途限定)を10,000ポイント分プレゼントされる。

「ドコモ ドライバーズサポート」「ドコモドライブレコーダー DDR01」、および各キャンペーンの概要は公式ホームページを参照のこと。


個人向けサービス「ドコモ ドライバーズサポート」の概要


サービス内容

eSIMを内蔵した通信型ドライブレコーダーとスマートフォンアプリ、クラウドを連携し、自動車運転中の事故などのトラブル発生時における映像や位置情報の記録・通知、駐車中の異常の通知、危険運転への警告や危険挙動の履歴確認など、お客さまの安全運転を総合的にサポートする。


<特長>
ドコモの4G(LTE)通信が可能な、eSIMを内蔵した通信機能付ドライブレコーダーにより、記録映像や現在地などをリアルタイムで確認可能。
ドライブレコーダーが一定の衝撃を検知した際や、緊急通知ボタンを押した場合、自動で位置情報と動画をクラウドに保存し、登録先のアプリ(ドライブレコーダー1台につき最大10名まで)へ通知。
車のエンジンを切っていても、最長24時間の駐車監視が可能。駐車中に衝撃を検知すると、自動録画してクラウドに保存し、アプリへ通知。
急アクセル、急ブレーキ、急ハンドルを検知すると、ドライブレコーダー上の表示と音声メッセージでお知らせするとともに位置情報と日時を記録し、アプリでご自身やご家族の日々の運転状況を確認可能。

ABOUT THE AUTHOR / 

神崎 洋治
神崎 洋治

神崎洋治(こうざきようじ) TRISEC International,Inc.代表 「Pepperの衝撃! パーソナルロボットが変える社会とビジネス」(日経BP社)や「人工知能がよ~くわかる本」(秀和システム)の著者。 デジタルカメラ、ロボット、AI、インターネット、セキュリティなどに詳しいテクニカルライター兼コンサルタント。教員免許所有。PC周辺機器メーカーで商品企画、広告、販促、イベント等の責任者を担当。インターネット黎明期に独立してシリコンバレーに渡米。アスキー特派員として海外のベンチャー企業や新製品、各種イベントを取材。日経パソコンや日経ベストPC、月刊アスキー等で連載を執筆したほか、新聞等にも数多く寄稿。IT関連の著書多数(アマゾンの著者ページ)。

PR

連載・コラム