高輪ゲートウェイ駅で自律走行の搬送ロボット「RICE」を実証実験 アスラテックと日立システムズが共同参加

2020年3月に開業した、東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)の高輪ゲートウェイ駅。

同駅では、JR東日本により最新の駅サービス設備の導入や実証実験が進められており、この度、安全な駅環境づくり、および、2024年度のまちびらきを予定している品川開発プロジェクト(第I期)への導入を目指し、「非接触」や「非対面」などをテーマとして、新しい生活様式に則したサービスの提供に関するロボットの実証実験が2020年12月1日から行われる。
同実証実験に対し、アスラテック株式会社は、株式会社日立システムズと共同で自律走行型配送ロボット「RICE(ライス)」を提供することを同年11月26日に発表した。






「RICE」を活用した実証実験について

今回の実証実験で「RICE」が使われる場所は、JR東日本のまちづくり共創パートナーを対象とした高輪ゲートウェイ駅の構内施設「Partner Base Takanawa Gateway Station」。通常は非公開のスペース。軽食や飲み物、小荷物を非接触で利用者に届ける役割を担い、ロボットとエレベーターの自動連携の実現性などを検証する。
同社は、将来的にはオフィスや商業施設での実用化を目指していくと述べている。また、実証実験期間中の12月5日、6日に実施されるロボットのデモンストレーションにも参加予定。この日は、来場者が同ロボットによる商品の受け取りを実際に見ることができる。

【高輪ゲートウェイ駅】(東日本旅客鉄道株式会社ニュースリリースより)




「RICE」について

香港のRice Robotics社が開発した自律走行型搬送ロボットで、日本ではアスラテックが代理店を務めている。周囲の状況に応じて自動で速度を変更することができ、人や障害物を感知すると自動で停止・回避を行うことで安全性に配慮している。アプリのカスタマイズやシステムとの連携が可能で、例えばエレベーターと連携することでフロアを移動して配送を行うこともできます。親しみやすいデザインや、タッチパネルによる直感的な操作性など、信頼感や安心感に配慮したフレンドリーなロボットとなっている。

■【動画】Meet Rice – The friendly robot made for good delivery


自律走行型配送ロボット「RICE」
https://www.asratec.co.jp/products/rice/

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム