avatarinのアバターロボットを常備したシェアオフィス登場へ テレワークで仕事やイベントに参加

株式会社ユーハイムは2021年3月4日に名古屋・栄に開業する複合施設「BAUM HAUS」(バウムハウス)の2Fフロアに、avatarinが独自開発したコミュニケーション型アバターロボット「newme」(ニューミー)をインフラとした次世代ワークスペース「BAUM HAUS WORK」(バウムハウス ワーク)を開業することを発表した。開業時のショールームではGROOVE Ⅹが開発した「LOVOT」(ラボット)が期間限定でユーザーを迎える予定。


「食の未来」をテーマにした複合施設「BAUM HAUS」

「BAUM HAUS」は名古屋市中区栄に開業予定の「食の未来」をテーマにした複合施設。「BAUM HAUS」は1919年に開校し今日のアートとデザインに大きな影響を与えたドイツの学校「Bauhaus」(バウハウス)から名付けられている。この学校のように実験精神を持って食の未来を創造し、テクノロジーで新しい価値観に挑戦する、そんなオープンイノベーションの場を目指している。



「BAUM HAUS」(バウムハウス)の2Fフロア「BAUM HAUS WORK」(バウムハウス ワークにはオフィスとフリーデスクスペース、ラウンジや会議室を用意。入居者はラウンジや会議室、オンラインミーティング用スペースの利用ができる他、併設する「avatarpark」(アバターパーク)やアバターロボット「newme」を利用することができる。ラウンジや1FのBAUM HAUS EATでは各種イベントを実施、入居企業や会員企業とのコミュニケーションの場となり、ビジネスチャンスも広がる。


「BAUM HAUS」(バウムハウス)外観

入居者はワークライフバランスを支援する福利厚生サービスや上層階にエフ・ジェイ ホテルズが開業する「ホテルフォルツァ」の会員限定プランなどが利用できる。その他、登記ができるオフィス会員も募集し、働き方に合わせた利用が可能。



アバターロボットnewmeをインフラとした新しいシェアオフィス

2Fフロアではアバターロボットnewmeと人が新しい関係を生み出す公園「avatarpark」(アバターパーク)を中心に様々なサービス「avatarin experience」(アバターイン エクスペリエンス)を提供する。

avatarpark(アバターパーク)では人と人、人とnewme、newmeとnewmeの新しいコミュニケーションを体験することができる。ここでは様々なイベントが開催され、シェアオフィスの入居者、会員企業、一般の利用者がavatarparkを通じてコミュニケーションをはかり、ビジネスの未来を創造するオープンイノベーションの場を作り出していく。



newmeはパーク内の利用にとどまらず、BAUM HAUS内で実施されるイベントやパーティーに自宅から出席することも可能。時間がないなど様々な理由でイベントに出席できない人も移動することなく参加することが可能になる。入居者のオフィスではリモートワーク中にnewmeで出社、出勤している職場の同僚とコミュニケーションをとり、仕事を進めることもできる。これにより、リモートワーク中の不安材料であったコミュニケーション不足も補え、これまでよりもスムーズなリモートワークが可能。



その他にも「BAUM HAUS WORK」にはショールームが常設され、実際に足を運んで訪問できるだけでなく、newmeで訪問し、自身で操作してルーム内を自由に回りながら商談をすることもできる。これにより、例えば名古屋エリアに拠点を持たない企業がオフィスのスペースを支店として必要な時だけ利用することが可能で、別のエリアにいながらアバターロボットを使って、必要な時間だけユーザーを招き、商談することもできる。なお、オフィス入居に関する先行内覧会は2021年2月頃を予定。


食の未来を創造する組織「フードテックイノベーションセンター」

フロア内にフードテック関連のスタートアップ企業を支援する会員組織「フードテックイノベーションセンター」の拠点を設置。フードテックイノベーションセンターはフードテック機器や新たなサービスの営業や販売を請負い、BtoBの市場に展開する会員組織。BAUM HAUS内にはショールーム、POP-UPスタンドを開業し、会員企業は常駐するスタッフによるフードテック機器やサービスの展示、試験販売やフードテック機器のデモンストレーションなどをおこなうことができる。また、フードテックイノベーションセンターの主催するイベントなどを通じ、フードテック関連企業とコミュニケーションがとり、ビジネスチャンスを広げることもできる。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム