宇宙空間がテーマの体験型カフェ「SORAYUME」(ソラユメ)  人型ロボット「Pepper」がお出迎え、宇宙エレベーター体験も

株式会社トラストビジネスサポートは神戸・元町に12月21日にオープンする宇宙空間体験カフェ「SORAYUME」(ソラユメ)の報道関係者向け現地内覧会を12月18日(金)に実施することを発表した。

所在地:神戸市中央区栄町通1丁目2-1 MRSXビル1F(神戸南京町東入口近く)
【SORAYUMEに障がい者を招待】リリースより引用
コロナ渦中のため、神戸のイベント中止も相次ぐ中、少しでも神戸を元気にしたいとの思いで本プロジェクトは計画を進めて参りました。「SORAYUME」では神戸ルミナリエで行っていた「ハートフルデー」を継承する想いで、障がいのある方をご招待いたします(18日〜20日の3日間)。店内はバリアフリー仕様になっており、車いすのまま入場できます。神戸市福祉局障がい福祉課を通じて、障がい福祉サービス事業者へチケットを無料配布します。


宇宙空間をテーマとした体験型コンセプトカフェ

「SORAYUME」(ソラユメ)は宇宙空間をテーマとした体験型コンセプトカフェ。最新技術を駆使した大規模屋内プロジェクションマッピングや、非接触型接客を可能にする「配膳ロボット」の導入(2021年1月に導入予定)、検温ができる人型ロボット「Pepper」の採用により、with コロナの時代に対応した宇宙空間体験型コンセプトカフェとして、新しい神戸の魅力を発信する。


店内イメージ(「SORAYUME」の映像を手がけるのはXR事業を推進する株式会社Psychic VR Lab、空間演出クリエイティブは株式会社ハードロマンチッカーズが担当している)

SORAYUME公式マスコット(ソラちゃん・ユメちゃん)

宇宙エレベーターイメージ1

宇宙エレベーターイメージ2

きらびやかな非日常空間を手軽に楽しめるよう入場料600円、ドリンク各種は600円〜、キッズドリンクは300円(税込)を予定。「SORAYUME」では大人から子どもまで、多くの人に楽しんでもらえるスポットとして、地域に愛されるエンターテインメント空間を創出したいと考えている。


ドリンクメニューの一部(SORAYUMEホームページより引用)

SORAYUMEの見どころ



1)大きな雲をイメージした入口


2)Pepperが発熱とマスク着用チェックをしてお出迎え

ソフトバンクロボティクスの「サーマルPepper パック」を活用

3)美しい滝が流れるエントランス


4)フラワーアーティストユニットJOCAによる美しいウォールグリーン

【ウォールグリーンアーティスト】梅垣 稔
2013年フラワーアーティストユニット JOCA 結成。同年に「アトリエ 1616」にて初の個展を成功させて以来、拠点である大阪にとどまらず、国内外で幅広く活動中。生花を用いる撮影で知られるフォトグラファー・HASEO 氏とは2013年「樹海の花」や 2014年「精霊の女王」などとコラボレーションし、大きな話題を呼んだ。2018年には「台中世界花卉博覧会」にて「日本花き輸出協議会」出展ブースのデザインおよび装飾を担当。博覧会総合部門で金賞を受賞。

5)幻想的な映像美「宇宙カフェ」(↓店内イメージ動画)

6)神戸洋藝菓子「ボックサン」プロデュースのスイーツ

【スイーツ監修】福原 敏晃 氏
神戸洋藝菓子「ボックサン」代表。過去に兵庫県洋菓子協会 理事、専務、常任理事などを務め、副会長を経て2016年5月より日本洋菓子協会連合会常務理事。厚生労働省より現代の名工に認定。神戸マイスター、ひょうごの匠。全国菓子大博覧会などで様々な賞を受賞。兵庫県より労働技能功労賞、神戸市より神戸市長表彰、東久邇宮文化褒賞、黄綬褒章受章などの多くの受賞歴がある。



12月13日までクラウドファンディングを実施

「SORAYUME」は良質なコンテンツの開発と、施設の運営・維持費を目的としたAll-In方式(目標金額に関わらず期限までに集まった金額がファンディングされる)のクラウドファンディングを12月13日まで実施している。12月10現在、93万円以上、計49人から支援されている。



ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム