ハイヤー通勤しながら企業とオンライン面談「HR×MaaS」実証プロジェクト「Showfar」参加者を募集中 MONETとパーソルキャリア

近年、終身雇用制度の見直しや「人生100年時代」への突入に伴い、キャリアの考え方についてさまざまな議論が交わされている。2020年は、新型コロナウイルス感染症の拡大により、多くの人が「VUCA(ブーカ/Volatility、Uncertainty、Complexity、Ambiguityの頭文字を組み合わせた造語)」と呼ばれる予測困難な時代であることを実感する年となった。
このような背景より、人生やキャリア、働き方などについて悩む機会が増えていると考えられる一方で、キャリアについて省察したり、情報収集したりする時間を設けるのが難しい人が多くいるのが実情だ。

そこで、総合人材サービスのパーソルグループで転職サービス「doda」などを運営するパーソルキャリア株式会社は、ソフトバンク株式会社やトヨタ自動車株式会社などの共同出資会社であるMONET Technologies株式会社の協力の下、個人がハイヤーで通勤しながらさまざまな企業とオンライン面談をし、キャリアの可能性を拡げる“HR×MaaS”実証プロジェクト「Showfar(ショーファー)」を、2020年12月22日から2021年春頃まで実施することを発表した。また、同プロジェクトの結果をもって、正式サービスに向けて進める予定であり、先行乗車体験となる、同実証プロジェクトへの参加者を2021年2月末ごろまで募集中だ。参加者側の費用負担はなく(無料)、応募サイトより申し込んだ人の中から抽選で決定する。





「Showfar」の実証プロジェクトの概要

同プロジェクトは、ドライバーが不要になることで、車内に完全なパーソナル空間を創出することが可能になる自動運転時代を見据えて実施するものだ。通勤時間を活用してさまざまな企業と気軽にオンライン面談をできる場を提供することで、個人のキャリアの可能性を拡げることを目的としている。今後のキャリアについて悩みを抱えながらも、ゆっくりと考えたり、情報収集をしたりする時間がないという人に参加してもらい、参加者がキャリアの可能性を拡げることができるかを検証する。


毎週1回ハイヤーで通勤できる

週1回、自宅から勤務先までドライバーが運転するハイヤーで通勤できる。新型コロナウイルス感染症の影響下において、混雑した電車で通勤するストレスや不安を払拭し、ゆったりとしたシートで、リラックスしながら通勤できる環境を提供する。

通勤中にキャリアの棚卸しができる

ハイヤーでの初回の通勤時に、車内に設置したビデオ通話が可能な端末を使用して、遠隔地にいるパーソルキャリアの担当者がこれまでのキャリアについてヒアリングし、履歴書や職務経歴書の作成を代行。また仕事に対する考え方や価値観などについてもインタビューを行い、その内容を「Showfar」の実証プロジェクトに参画する企業に提供する。

周囲を気にせずに企業とオンライン面談ができる

参加者に興味を持った企業と、通勤中にハイヤーの中でオンライン面談ができる。プライベートな空間で周囲の声や視線を気にすることなく、企業の担当者と話をして、キャリアの可能性を客観的に把握することがで可能だ。




両社の役割

同実証プロジェクトは、MONETが次世代モビリティサービスの推進と、移動における社会課題の解決や新たな価値創造を目的に運営する「MONETコンソーシアム」発の取り組みだMONETは、「MONETコンソーシアム」の加盟企業を対象とした、MaaSの事業開発を加速するためのプログラム「MONET LABO」において、ワークショップやプロフェッショナル・メンターからのサポートなどを提供し、パーソルキャリアの事業開発を支援している。両社は、周囲を気にすることなく車内での時間を過ごすことを可能にする新たなモビリティサービスの実現を目指すと述べている。

パーソルキャリア 実証プロジェクトの実施主体、参加する個人・企業の募集、アプリ開発など
MONET 実証プロジェクトの企画支援、車内のレイアウトを変更してさまざまな用途で活用できる「マルチタスク車両」の提供など



「Showfar」特設サイト:
https://pre-experience.showfar.jp

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム