オンキヨー「鬼滅の刃」完全ワイヤレスイヤホン第2弾は【柱モデル】本日1/19より期間/数量限定の予約販売 日本初上陸モデル

オンキヨーホームエンターテイメント株式会社の子会社であるオンキヨー株式会社は、オーディオ・アクセサリーブランド『武蔵野レーベル』を運営する株式会社カンパーニュとの共同プロジェクトとして、日本初上陸の「CP-TWS01A」と、TVアニメ 『鬼滅の刃』とのコラボレーション第二弾完全ワイヤレスイヤホン~柱デザイン~の予約販売受付を2021年1月19日より開始する。販売価格は15,000円(税込・送料込)。予定台数に到達次第予約受付終了となっている。

©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
【コラボレーションモデル2 鬼殺隊の柱メンバー】
「冨岡義勇」
「胡蝶しのぶ」
「煉獄杏寿郎」(※【煉】は【火】+【東】が正しい表記)
「宇髄天元」
「甘露寺密璃」
「悲鳴嶼行冥」
「伊黒小芭内」
「不死川実弥」
「時透無一郎」の9モデル




完全ワイヤレスイヤホン「CP-TWS01A」~柱デザイン~

同機種「CP-TWS01A」は、Qualcomm社製の最新SoC「QCC3040」を採用。一般的なSBCやAACだけでなく最新オーディオコーデックのQualcomm aptX Adaptiveに対応。対応する最新Android端末との組み合わせで、従来のQualcomm aptXに比べ高音質・低遅延・高い接続維持性能を実現した。
なお、iPhoneやAndroid端末、音楽プレーヤーとの高品位な左右同時接続を実現する新技術「Qualcomm TrueWireless Mirroring」を搭載。片方のイヤホンを親機として接続後、もう片方の子機のイヤホンに左右反対側の信号をミラーリングしながら送り出す技術で、オーディオ信号の伝送ロスが発生しないよう、随時ロールスワッピングを行うことによって音途切れやノイズを抑え、さらにはバッテリーの片減りを防止。また、周囲の音を取り込むアンビエントマイク機能を搭載。内臓のマイクを使用し外音を取り込むことができる。防水機能(IPX7)を備えることで運動時の汗や急な雨でも安心して使うことが可能だ(充電ケースは防水機能を備えていない)。

同コラボレーションモデルは、鬼殺隊の柱メンバーである「冨岡義勇」「胡蝶しのぶ」「煉獄杏寿郎」「宇髄天元」「甘露寺密璃」「悲鳴嶼行冥」「伊黒小芭内」「不死川実弥」「時透無一郎」の9モデルをラインナップ。デザインテーマは「大正ロマン風」。左右のハウジングプレート及び、本体充電ケース(天面)のデザインは、9キャラクターそれぞれをイメージしたモチーフや文字、ロゴをプリント加工している。
パッケージも同テーマの元、9キャラクターの世界観をイメージしたオリジナルデザインであり、付属の「ちりめん風巾着ポーチ」は鬼殺隊柱メンバーをイメージした統一デザイン(1種)となっており、こちらも作品の世界観を表現している。


▼【セット内容】

▼【予約販売詳細】

予約方法 通販サイトONKYO DIRECT での予約
予約期間 2021年1月19日(火)15:00から2021年3月19日(金)15:00まで
製品発送 2021年5月下旬から6月上旬にかけて順次発送予定
販売価格 15,000円(税込・送料込)
発売元 オンキヨー株式会社
備考 ※販売期間については状況により、予告なく期間を変更する場合がある。
※予定台数に到達次第、予約受付終了。



▼ 【主な仕様】

製品型番 CP-TWS01A
チップセット Qualcomm社製QCC3040(True Wireless Mirroring対応)
再生周波数帯域 20Hz‐20KHz
感度 92±3dB
インピーダンス 16Ω
最大入力 5mW
マイク Qualcomm cVc ノイズキャンセリング(通話のみ)
Bluetooth仕様 Version5.2/Class2/マルチペアリング対応
Bluetoothプロファイル A2DP、AVRCP、HSP、HFP
Bluetoothマルチペアリング 5デバイス
対応コーディック AAC、SBC、Qualcomm aptX、Qualcomm aptX、Adaptive
防水規格 IPX7
バッテリー容量 イヤホン片耳:50mAh/ケース:400mAh(イヤホン3回分の充電量)
連続再生時間(最大) 約9時間(ボリューム80%時)
※apt-Xコーデック使用時は再生時間が2~3割程短くなります。
イヤホン本体充電時間 約1.5時間
充電ケース充電時間 約2時間
充電ケース充電方法 USB Type C/無線充電
イヤホン重量 約6g(片側)/充電ケース約48g


ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム