JVCケンウッド Alexa対応スマートヘッドセット「WS-A1」と会議用マイクスピーカーを「Amazon 2月のタイムセール祭り」に出品

株式会社JVCケンウッドは「Amazon 2月のタイムセール祭り」(1月30日~2月1日)に、KENWOODブランドのAmazon Alexa対応スマートヘッドセット「WS-A1」と、JVCブランドの会議用マイクスピーカー「SP-AR700-BH」を出品することを発表した。





Amazon Alexa対応スマートヘッドセット「WS-A1」

KENWOODブランドのスマートヘッドセット「WS-A1」は音声アシスタントとして Amazon Alexaに対応し、ニュースや天気予報のチェック、リマインドやスケジュールの確認、音楽の再生といった音声アシスタントが対応するさまざまな操作をスマートフォンを取り出すことなく声だけで使用可能。音楽再生時にはノイズキャンセリング機能と外音取り込み機能に対応し、本体右側のタッチパッドを直感的に上下になぞるだけの簡単な操作で、ノイズキャンセリングと外音取り込みのレベルをシームレスにコントロールできる。


また、振動板には軽量かつ高剛性な金属素材であるベリリウムコーティングを施した振動板を採用。音声アシスタントやハンズフリー通話時も相手の声をよりクリアに聞くことができ、音楽再生時にはダイナミックで繊細なサウンドを楽しめる。


会議用マイクスピーカー「SP-AR700-BH」

JVCブランドの会議用マイクスピーカー「SP-AR700-BH」はBluetoothを搭載し、ワイヤレス接続で手軽にオンライン・電話ミーティングを開催できる。相手の声が小さい場合でも、大きな音量ではっきり聞き取ることができる8W高出力スピーカーを搭載。また最大9時間の連続通話が可能な大容量リチウムポリマー充電池を搭載し、オフィス内はもちろん、サテライトオフィスや出張先などの外出先でも、バッテリーの残量を気にすることなく、オンライン・電話ミーティングが可能。




ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム