ソニーのスマートホーム「MANOMA」に「お試し防犯セット」 自宅のセキュリティ対策や防犯が最大2ヶ月1,980円で体験できる

ソニーネットワークコミュニケーションズはスマートホームサービス「MANOMA」(マノマ)において、お試し体験セットの提供を開始することを発表した。第一弾として、最大2ヶ月1,980円でスマートホームが体験できる「お試し防犯セット」を2月25日より提供する。


お試し体験セットの第一弾は「防犯機能」を提供

「お試し防犯セット」はソニーが独自に開発したAIホームゲートウェイと室内コミュニケーションカメラ、開閉センサーの3点の組み合わせにより、手軽に自宅のセキュリティ対策ができるスマートホーム体験セット。不在時に室内コミュニケーションカメラを使って宅内の見守りや侵入者の検知ができ、またセンサーによって窓やドアの開閉を検知できるなど、自宅の防犯への備えをリーズナブルな価格で試すことができる。異常発生時にはセコム駆けつけサービスを利用することもでき、万が一に備えることができる(「セコム駆けつけサービス」は別途セコムとの契約が必要。駆けつけサービスを利用した場合、1回あたり30分につき5,500円(税込)が掛かる)。


室内コミュニ―ションカメラ(室内カメラを通して、外出先から部屋の様子を見ることができる)

開閉センサー(センサーを設置した窓の開閉状態をアプリで確認できるので、閉め忘れたか不安なときもすぐ確認できて安心)

AIホームゲートウェイ(外出時に扉の開閉を検知すると、AIホームゲートウェイから大音量で警告音が流れ、アプリに異常を知らせる通知を送る)

侵入者を検知して通知するアプリ画面

「お試し防犯セット」は利用開始月と翌月の最大2ヶ月をお試し期間として1,980円で利用可能で、期間内は解約違約金がかからない。

「お試し防犯セット」で利用可能な機能
・室内カメラによる不在時の宅内状況の見守り
・室内カメラによる侵入者検知とアプリへの通知
・室内カメラによる録画と映像のクラウド保存
・開閉センサーによる不在時のドア/窓の開閉検知とアプリへの通知
・異常時の警告音の発砲
・異常時のセコムの駆けつけ
・在宅家族との室内カメラを通じたコミュニケーション
・スマートフォンを持った家族の在宅状況の確認
・Amazonが提供する音声サービス、Amazon Alexaの利用

【提供料金(税込)】
お試し期間終了後の料金は3ヶ月目3,168円、4~24ヶ月目3,718円、25ヶ月目以降5,038円となる。3ヶ月目~24ヶ月目に解約した場合は、シンプルレンタルプランの解約違約金10,450円と、追加機器である開閉センサーのレンタルにかかる解約違約金2,200円の、合計12,650円の解約違約金が発生する。


スマートホームサービスを利用する最大の目的は「家の防犯」

ソニーネットワークコミュニケーションズが実施したMANOMA申込者・利用検討者を対象としたアンケートでは、MANOMAを利用する最大の目的は「家の防犯」だった。この結果を受けて、このたび、お試し体験セットの第一弾として防犯機能を提供する。なお、防犯に続くスマートホームお試し体験セット第二弾の提供も、近日予定している。



MANOMAは今後もユーザーのライフスタイルに適したサービスを拡充し、国内におけるスマートホームサービス市場の拡大に貢献していくとしている。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム