東大発スタートアップのARAV、遠隔操作システムのクローラーダンプを実践投入へ 動画を公開

建設現場のDX・自動化を目指す東京大学発スタートアップのARAV(アラヴ)株式会社は、株式会社日建と平賀建設有限会社と共同で、汎用性の高いクローラーダンプ用の遠隔操作システムの実証実験を行い、このシステムの事業化を開始したことを発表した。
作業員の安全性の向上、人手不足の解消と生産性アップ、技術の伝承等に向けて、遠隔操作クローラーダンプの現場投入を推進する考え。

遠隔操作は、地雷除去や危険が伴う場所での重機利用等にニーズがある。地雷被害国での対人地雷除去機をはじめ、独自の建機製造技術を持つ日建と、i-Constructionを活用した生産性向上の実績豊富な平賀建設、それぞれの蓄積されたノウハウを用いて共同実証を行い、様々な現場に投入できるクローラーダンプ遠隔システムの販売と実践投入を開始する。


操作レバーを電動アクチュエータで遠隔から操作

建設機械の遠隔操作を実現する手法を大別すると、油圧系統の制御用の電磁弁を追加し機械内部から操作する方法と、キャビン内の操作レバーを電動アクチュエータで操作する方法がある。
この製品は後者を採用しており、時間とコストの嵩む大がかりな油圧系統の改造なしで、取り付け、取り外し、必要ならば簡単に載せ替えもできて汎用性が高い。インターネット回線使って、ほぼ遅延のないスムーズな操作感を実現するとともに、インターネット接続が可能な環境であれば、どこからでも操作できる。


リモート建機の展望

人手不足がますます深刻化する中、リモート建機の活用によって、どのように課題が解決され生産性が上がるのか、今後も発表してゆく予定、としている。
遠隔操作システムの導入メリットのうち最も重要なことは、生産性と安全性の向上。ベテラン作業員が離れた現場への指導とアドバイスを遠隔で実施でき、現場にいなくても知識や技術をリアルタイムに伝えられる。また土砂を指定の場所から場所へ移動する等の難易度が低い繰り返し作業を遠隔操作で行うと、作業員一人で積込と運搬の二役をこなすことも可能となる。

関連サイト
ARAV株式会社

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム