中西金属工業が自動除菌ロボット「R-Paca」を発売 完全自律走行でUVCを照射 周囲3m圏内に人がいる場合はランプが消える仕様

中西金属工業株式会社(以下、NKC)は完全自律走行でUVC照射が可能な自動除菌ロボット「R-Paca」(アールパカ)を2021年4月より発売開始することを発表した。なお、医療・福祉関連施設については、エア・ウォーター株式会社と独占販売契約を締結し営業展開を進めていく。

自動除菌ロボット「R-Paca」(アールパカ)は紫外線の波長域の中で最も殺菌力が高いとされるUV-C254nmを照射するユニットを搭載し、消毒剤噴霧との組み合わせによるW除菌で、除菌効果が期待できる。また、マッピング機能によりタブレットを使って効率的なルートを設定することができ、作業時間の最小化にも貢献。あらかじめメニューを設定しておくことで、夜間など人がいない時間帯に無人稼働させることも可能。紫外線照射時には周囲6m圏内に人がいないか検知。検知した場合は警告警報を発して、周囲3m圏内に人がいる場合は紫外線ランプが消える仕様になっている。




自動除菌ロボット「R-Paca」製品特徴


1.紫外線×消毒剤で高効果の除菌力を発揮!

紫外線の波長域の中で最も殺菌力が高いとされるUV-C254nmを照射するユニットを搭載。消毒剤噴霧との組み合わせによるW除菌で、高い除菌効果が期待できる。





2.ウイルスに合わせて最適な消毒剤を選択可能

過酸化水素やエタノール、グリセロールなど、目的に合わせて消毒剤を取り替えることができるため、除菌したいウイルスに合わせた効果的な除菌が可能。



3.安全性に配慮した自律走行を実現

高度な障害物検知機能と障害物回避技術で、安全に除菌作業を行える。また、走行中は上部が縮み、高さが低くなることで転倒を防止。万一に備え、本体正面には非常停止ボタンも設置されている。




4.紫外線を照射する際は周囲に警告

紫外線照射時には周囲6m圏内に人がいないか検知。検知した場合は警告警報を発して、周囲3m圏内に人がいる場合紫外線ランプが消える仕様になっている。紫外線照射部には自動開閉カバーがついており、紫外線漏れや紫外線ランプ破損の心配もない。




5.専用アプリによりタブレットでの操作が可能

マッピング機能により、タブレットを使って走行ルートや除菌ポイントを簡単に設定できる。紫外線照射や消毒剤噴霧時間もタブレットで設定可能。ロボット本体には3Dカメラも内蔵されているため、除菌作業の様子をタブレット上で確認することもできる。


6.タイマー設定で夜間の無人稼働も

走行ルートや除菌ポイント、紫外線照射・消毒剤噴霧のサイクルをあらかじめ設定しておくだけで、夜間など、人がいない時間を選んで稼働させることができる。

【自動除菌ロボット「R-Paca」(アールパカ)仕様】


中西金属工業とエア・ウォーターについて

中西金属工業株式会社について
中西金属工業株式会社は1924年創立、1941年創業のベアリングのリテーナーで世界トップレベルのシェアを誇る軸受事業部が主軸となる部品メーカー。コンベア及び無人搬送機器を展開する輸送機事業部、サッシ用戸車などの住宅関連製品を展開する特機事業部の他、広く事業展開している。

エア・ウォーター株式会社について
産業ガスの供給を原点に事業を広げ、ものづくりの現場で活躍する産業ガスやケミカル、人々の生命を支える医療、くらしにかかわるエネルギーや農業・食品、さらには物流、海水、エアゾールなど、多彩な製品やサービスを展開している。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム