アマゾンが米国で新型完全ワイヤレスイヤホン「Echo Buds」第2世代を発売!

2021年4月14日、AmazonがAlexa搭載の完全ワイヤレスイヤホン「Echo Buds」の第二世代モデルの販売を開始した。ハンズフリーでAmazon Alexaを呼び出せることが特徴だった初代Echo Budsからどんな進化をしたのか見ていく。

初代からデザインが一新されおよそ20%小型化され、音響性能も向上。またもともと搭載されていたアクティブノイズキャンセリングも2倍強化されたのがアップデートのポイントだ。

また今回はもともとブラックのみだったカラーに、新たにホワイトが追加された。

どちらのカラーでもAmazonのプライマリー・シンボル -「スマイル」のロゴがさりげないアクセントになっている。

イヤホンの性能については、ダイナミックレンジが拡張され、低音と高音の忠実度が向上。またマイクの性能も改善され、通話品質が向上したという。

また前モデルでは、Micro-USBだった充電ケースの端子も今回USB-Cに変更されている。また充電ケースのデザインも変更され、イヤホンを横に置くのではなく、縦に差し込むApple AirPods風のスタイルとなった。

価格充電ケースの種類によって異なり、はUSB-C充電ケースで119.99ドル、ワイヤレス充電ケースで139.99ドルとなっている。なお、現在期間限定のキャンペーンでそれぞれ99.99ドルと119.99ドルに割引され、6か月間のAmazon MusicU nlimitedのサブスクリプション料金が含まれる。

ライバルとなるApple AirPodsProの249ドルと比べてかなり安い設定だ。

イヤホンは1回の充電で5時間再生、充電ケースを使うと最大15時間利用できる。また15分の急速充電で2時間再生できる。

日本での販売は未定だが、動きがあり次第お伝えしたい。



ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム