テムザックが本店を福岡から京都に移転 西陣織生産の町家を改造 AIロボットや自動運転でモビリティ事業とグローバル展開を加速

株式会社テムザックは2021年4月20日に本店を福岡県宗像市から京都府京都市へ移転したことを発表した。
京都本店はかつて西陣織生産に使用していた町家を活用した研究開発拠点。AI、自動運転、群れロボット等、先端研究開発を中心に行っている。なお、福岡県宗像市の拠点は、変わらずロボットの開発拠点として残り、災害レスキューロボット、危険現場のロボット等の大型ロボットのBtoB開発や、医療分野、医療シミュレーターロボットの開発を推進する。


「RODEM」のシティモビリティ化を加速

京都に本店登記を移転することにより、「京都府」「京都市」の協力を得て進めていたユニバーサルモビリティ「RODEM」(ロデム)のシティモビリティ化を加速させ、グローバル拠点としていた京都中央研究所を活性化させることにより、世界展開を推進することを狙いとしている。また、テムザックが行っている先端研究(AI/群れロボット、自動運転)を行うにあたり、けいはんなオープンイノベーションセンター(KICK)の利用や行政の支援が手厚く、先端研究を推進するのにふさわしい環境であることも移転の目的。九州で培った技術力を京都の地で洗練し、日本からグローバルに最先端の技術を発信できるよう技術開発を進めていくとしている。


RODEMのシティモビリティ構想について

RODEMは真のバリアフリーを実現することを目的としたユニバーサルモビリティ。シェアサイクルと同様、シティモビリティとしてシェアリング運用することで、誰でも楽しく、簡単に移動を楽しむことができるようになる。また、RODEMの特徴として走行時の目線が高く、歩行者と同じ目線で会話をすることが可能なのでRODEMに乗ったまま観光、カウンターでのやり取りなどを行うことができる。

RODEMのイメージ

RODEMは2021年3月に京都府の協力で、5G遠隔操作の実利用テスト、京都市の協力を得て時速12kmでの車道走行テストを実施。今後実運用に向け更なる推進をすべく、京都へ本店移転を行いスピーディーな意思決定を進めていくとしている。

シティモビリティ運用イメージ

【動画】RODEMシティモビリティイメージムービー


株式会社テムザックについて

新型コロナウイルスの影響により、行動の制限や社会の変容が求められる中、ロボットが社会に果たす役割は非常に大きなものになってきている。時代のニーズに合った、真の意味でヒト、社会に貢献できる、実用ロボット(ワークロイド)の需要がますます高まっており、新しいロボットの開発の相談も増加している。同社は世界でも珍しい実用ロボット(ワークロイド)専業メーカーとして、2000年からワークロイドを作り続けてきたパイオニア企業。モビリティ、医療、介護、災害レスキュー、建築、危険現場等、人ができない場所、危険な場所、重労働、人手不足を解消する多様なワークロイドをソリューション提案から開発まで手掛けている。

介護ロボットSOWAN

小児患者型ロボットPedia_Roid
関連サイト
株式会社テムザック

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム