KDDI「音のVR」でNコン2021課題曲の合唱向け練習教材を配信!ZARDやORANGE RANGEのライブも音楽VRで配信中

株式会社KDDI総合研究所は、独自のインタラクティブ視聴技術「音のVR」を活用し、昨年デビュー30周年を迎えたZARDや今年20周年を迎えたORANGE RANGEのバーチャルライブなどを開催している(後述)。

同社は、360度動画の見たい・聴きたい部分に自由自在にフォーカスできるという同技術を活用して、東京混声合唱団とともに、多くの小・中・高等学校の合唱部が目指す大会のひとつである、NHK全国学校音楽コンクール(Nコン)の今年の課題曲を収録した“音と映像で近づける”デジタル教材コンテンツを「新音楽視聴体験 音のVR」アプリで公開したことを2021年6月22日に発表した。

2020年の「Nコン」は、新型コロナウイルスの影響で中止となっており、2年ぶりとなる今回の開催に、「Nコン」の課題曲をコンサートで発表している「東京混声合唱団」と、「音のVR」技術をもつKDDIが共鳴し、学生がひとりでも自宅でもスマホで練習ができる合唱教材をつくることになった。なお、今回の収録で指揮を執ったのは原田慶太楼さん。欧米を中心に活動し、2020年シーズンのアメリカジョージア州サヴァンナ・フィルハーモニックの音楽&芸術監督を経て、今季より東京交響楽団正指揮者に就任する若きマエストロだ。また、東京混声合唱団のコンサートでも数多くの伴奏を務めるピアニストの鈴木慎崇さんが担当した。

同社は、通信のチカラで、多くの人々が生活の不安や困難を減らし、心を満たせるような、これまでにない体験価値を提供し、社会の持続的な成長・発展を目指していくと述べている。


「音のVR」での「Nコン」課題曲の収録は、原田慶太楼さんの指揮で、東京混声合唱団が行った




「音のVR」とは

「音のVR」とは、KDDI総合研究所による独自の技術。スマホやタブレットで専用アプリを使い、演奏中の好きなパートを画面上でピンチアウト(拡大)すると、映像と同時に、その歌声や楽器の音色にも近づいて視聴することができるというものだ。ステージ全体の映像を見て、合唱曲の渾然一体となったハーモニーを聴くことができ、それぞれのパートをズームアップすれば、合唱全体を聴きながらそのパートの歌声に近づいて聴くことができる。また、合唱している舞台上を自由に移動しながら、それぞれの歌声に耳を傾けるような感覚を体験できるため、プロ合唱団が歌う旋律を聴きながら合唱練習することを可能にした。




これまでの「音のVR」の取り組み

■【動画】ZARD×音のVR バーチャルライブ | メイキング動画

■【動画】ORANGE RANGE 音のVRバーチャルライブ | メイキング動画




先端テクノロジーで人と人の心をつなぐ

いつでもどこでも、ひとりでも、自宅でも、音のVRを活用すれば、みんなと一緒にいて声を合わせているかのような体験ができる。合唱のハーモニーと併せてそれぞれのパートに近づいて聴くことができるので、自主練でも曲全体のなかで自分のパートの立ち位置を把握しながら歌うことができる。合唱練習の新たな境地を開くことになるのが、音のVRである。「音のVR」の開発者であるKDDI総合研究所 堀内俊治 氏は、今回の取り組みについて以下のように述べている。

KDDI総合研究所 先端技術研究所 メディアICT部門 XR空間表現グループ 堀内俊治 氏

ステイホーム期間中のリモート合唱や新日本フィルハーモニー交響楽団とのバーチャルコンサート、中学・高校合唱部の皆さんとのリモート合唱のライブ配信、そして藤巻亮太さんと高校生の皆さんとのリモート合唱など、コロナ禍による社会課題を解決したい、歌で勇気づけたいという思いで取り組んできました。
今回は、昨年中止となった合唱コンクールの開催決定を受けて、学生の皆さんが練習できる教材を作ろうと自然に決まりました。3作品とも場の響きは残しつつ、各パートに近づいたときにはそれぞれの歌唱が際立つように工夫しています。練習も十分にできない状況だろうと思います。『音のVR』アプリを活用いただき、ひとりでもみんなと一緒の感覚で、皆さんの練習の一助になりましたら幸いです。今後も、通信技術や五感技術を活用し、お客さまに寄り添った新しい体験価値を生み出していきたいと考えています。



「音のVR」の収録は、周囲360度の音をすべて録音できるマイクと、周囲360度の映像をすべて収録するVRカメラで行う。マイクとカメラをスタンドで一体化した機材をステージの中央にセットし、それを取り囲むようにして歌うのである。



▼「Nコン2021」配信コンテンツ
Nコン2021の課題曲から3曲を配信。「新音楽視聴体験 音のVR」アプリをApp Storeからダウンロードすることで視聴可能となる。

指揮 原田慶太楼 氏
ピアノ 鈴木慎崇 氏
合唱 東京混声合唱団
課題曲 (1)彼方のノック 高等学校/混声四部合唱
(2)足跡(あしあと) 中学校/混声三部合唱
(3)好奇心のとびら 小学校/同声二部合唱
URL https://time-space.kddi.com/otonovr/chorus-tk-ncon2021/
「新音楽視聴体験 音のVR」アプリ:https://apps.apple.com/jp/app/id1385271734
音のVR 特設サイト:https://time-space.kddi.com/otonovr/

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム