「頭文字D×SHIBUKAWA 第2弾デジタルスタンプラリー」渋川で開催中、AR撮影が楽しい!ソニーのスマホアプリ「舞台めぐり」活用

伝説の走り屋たちの聖地、群馬県渋川市での聖地巡礼デジタルスタンプラリーの第二弾が開催されている。

株式会社ソニー・ミュージックソリューションズは、同社が提供するアニメやゲームの舞台となった場所を“簡単に”“楽しく”巡ることができるスマートフォンアプリ「舞台めぐり」を活用して、昨年度好評だった群馬県渋川市内で「頭文字D」の聖地巡礼が楽しめる「頭文字D×SHIBUKAWA 第2弾デジタルスタンプラリー」を2021年7月3日(土)より2022年3月31日(木)まで開催することを決定した。なお、「舞台めぐり」は株式会社ソニー・ミュージックソリューションズの登録商標となっている。

また、同イベントは、渋川市のアニメツーリズム推進事業の一環として開催されるもので、開催期間中、頭文字Dファン必見のイベントを群馬県渋川市内で多数開催予定だ。





「頭文字D×SHIBUKAWA 第2弾デジタルスタンプラリー」

同イベントは、作品の世界が体験できる舞台探訪ARアプリ「舞台めぐり」を活用して、群馬県渋川市内で「頭文字D」のストーリーや登場人物にゆかりのある7つのスポットを巡るデジタルスタンプラリーだ。デジタルスタンプラリーのスポットに近づき、アプリでチェックインすることで「頭文字D」特製マイARがプレゼントされる。特製マイARをゲットすると、アプリのカメラを起動していつでもどこでもキャラクターと一緒に撮影する事が可能になる。また、7カ所すべてのスポットにチェックインしてスタンプラリーをコンプリートすると、コンプリート特典として特製マイAR(3種)がもらえる。さらに、先着2,000名に特製マウスパッドをプレゼントする。

■「頭文字D×SHIBUKAWA 第2弾デジタルスタンプラリー」ビジュアル 特製マイAR

■「頭文字D×SHIBUKAWA 第2弾デジタルスタンプラリー」ビジュアル 特製マイAR



スタンプラリー対象箇所一覧

・伊香保関所(伊香保口留番所)
・石段街ポケットパーク
・河鹿橋
・伊香保温泉露天風呂
・赤城地区 棚下不動の滝
・道の駅 こもち
・渋川地区名産品センター(しぶさん)

「舞台めぐり」公式サイトより




スマートフォンアプリ「舞台めぐり」とは

同アプリは、アニメの世界が体験できる舞台探訪ARアプリだ。アニメのストーリーや登場人物にゆかりのある場所を検索し、その場所でアニメシーンと同じ構図を確認したり、登場キャラクターと一緒にAR撮影することができる。また、その日の思い出を簡単に、オリジナルのアルバムにできます。現地チェックイン特典として、作品声優によるオリジナルボイスや壁紙がプレゼントされ(対応作品限定)、街を盛り上げるデジタルスタンプラリーにも対応している。



舞台めぐり「頭文字D×SHIBUKAWA」専用サイト:
http://initiald-shibukawa.com/
「舞台めぐり」公式サイト:https://www.butaimeguri.com/

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム