持ち帰り弁当「ほっともっと」のプレナスによるスマート農業 葉色診断で生育状況を見える化 必要箇所に肥料投下

持ち帰り弁当の「Hotto Motto」(ほっともっと)と定食レストランの「やよい軒」を国内外に展開する株式会社プレナスは、海外の「ほっともっと」、「やよい軒」(YAYOI)などに国産米を輸出するため、2月より埼玉県加須市に農地を借り受け、田んぼの整備、種子の準備を進めてきた。5月には最先端技術の活用や様々な栽培方法を導入したスマート農業による田植えを行い、7月現在、天候にも恵まれ、「プレナス加須ファーム」の12の圃場は順調に生育している。

2021年7月6日、同社は7月14日(水)より、ドローンを使って水田を上空から撮影し、生育具合の目安となる葉色の色むらを把握した後、必要箇所に重点的に肥料を投下する新たな取り組みを開始することを発表した。

水田を撮影するドローン

葉色診断システム ©2021 SkymatiX,Inc

ドローンを使った葉色診断を導入することで、上空からの視点で水田の隅々の生育状況を見える化できるだけでなく、より精度の高い生育状況の確認も可能となる。また、生育状況を把握したうえで、ドローンによる追肥が可能となり作業時間や追肥コストの削減につながるなど、さらなる生産性の高い稲作経営を目指していく。プレナスはこれからもユーザーの満足と健康を実現し、人びとに笑顔と感動をお届けし続けることができるよう邁進していくとしている。


プレナス加須ファームの様子

2021年5月12日.ドローン田植えの様子



2021年5月12日.直播後の田んぼ



2021年5月30日.直播田んぼの様子



2021年6月24日.直播田んぼの様子



関連サイト
株式会社プレナス

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム