ZMPが自動運転の「ロボカーEVトラック」先行受注開始 工場・物流施設・空港・港湾など構内搬送の自動化と脱炭素化を目指す

2014年より公道での自動運転を開始した株式会社ZMPは、、交通量の多い都心部での自動運転タクシーサービスなどで技術・サービスの実証を進めるととともに、空港やテストコース等の私有地において無人自動運転実用化を進めている。

これまでミニバンタイプのRoboCar MiniVan、SUVタイプのRoboCar SUV、11人乗り小型EVバスRoboCar Mini EV Busを展開していたが、今回、工場・物流施設・空港・港湾など構内搬送の自動化を実現する、自動運転EVトラック「RoboCar EV Truck」の先行受注を2021年7月14日より開始。これにより、積載量2トンの中型EVトラックをベースとした自動運転トラックがラインナップに加わることになった。
(※冒頭の画像は開発中のイメージとなっている。)

なお、本格受注に先立ち、現在は先行受注により、ユーザーの要望を受けて仕様を協議の上、製造を予定している。

RoboCar実車シリーズ




RoboCar EV Truckについて

RoboCar EV Truckは、全長約6m、積載量2トンの自動運転電気自動車(EV)トラックだ。1回の充電で約225km走行が可能な株式会社EVモーターズ・ジャパン製EVトラックをベース車両とし、ZMPが構内での自動運転を実現するためのセンサー及び自動運転コンピュータ「IZAC」を搭載し自動運転EVトラックトラックとして提供する。構内搬送トラックはディーゼル車・ガソリン車が主流ですが、本車両はEVであるため、脱炭素化に貢献が可能であり、自動運転機能により搬送業務の省人化、効率化が可能となる。


▼ 主な仕様(予定)

サイズ 5,995mm×2,098mm×2,645mm(全長×全幅×全高)
積載重量 2t
車両重量 2,730kg
車両総重量 4,775kg
最高速度 100km/h(手動運転時)
航続距離 225km(使用条件による)
バッテリー リチウムイオン
充電時間 2時間(急速時)
備考 RoboCar EV Truckのベース車両は、株式会社EVモーターズ・ジャパン製となる。
RoboCarシリーズ:https://www.zmp.co.jp/products/robocar
自動運転コンピューター IZAC:https://www.zmp.co.jp/products/izac/about
ロボスタFacebookで最新ニュースが届く【フォロワー2万5千人突破!!】
ロボット、AI、スマートスピーカー、ビッグデータ、自動運転、xR、ドローンなど最新情報が満載
ロボットスタート「ロボスタ」 Facebbok公式ページ

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム