『分身ロボットカフェDAWN ver.β』がグッドデザイン大賞候補(ファイナリスト)に選出 大賞選出会で最終プレゼンテーション

分身ロボット『OriHime』(オリヒメ)の開発、提供を手掛ける株式会社オリィ研究所は、『分身ロボットカフェDAWN ver.β』(ドーン バージョン ベータ)が2021年度グッドデザイン賞において「グッドデザイン・ベスト100」、さらに「グッドデザイン大賞候補」(ファイナリスト)に選出されたことを発表した。


11月2日の大賞選出会で最終プレゼンテーション

グッドデザイン大賞候補(ファイナリスト)は2021年度の「グッドデザイン・ベスト100」の中から、審査委員長、審査副委員長、審査ユニットリーダー、フォーカス・イシュー・ディレクターによって5作品が選出される。この中から選ばれる「グッドデザイン大賞(1作品)」は審査員および受賞者による投票、10月20日から公開される「グッドデザインショー」での一般投票、および2021年11月2日に行われる大賞選出会での最終プレゼンテーションを経て決定される。


同社は今回の受賞を契機にさらなる事業の拡大やソリューション開発を進めることを通じて、外出困難者の就労と社会参加を積極的に推進し、今後とも未来の新たな働き方の発明に務めていくとしている。


『分身ロボットカフェDAWN ver.β』について

「すべての人に社会とつながり続ける選択肢を」をテーマに、ALSなどの難病や重度障害で外出困難な人々が分身ロボットを遠隔操作して働く常設実験カフェ。社会課題をテクノロジーによって克服し「動けないが働きたい」という意欲ある人々に雇用の場を提供し、ここから企業就職するケースも生む。2018年に協賛やクラウドファンディングによる支援を受け初開催し、以降3回の期間限定開催を経て2021年6月に常設店舗を開店した。






『分身ロボットカフェDAWN ver.β』の審査講評
分身ロボットの開発を中心に、テクノロジーおよびUXにより就労希望者の「障害」を取り除く画期的な事業。実際に訪れると、ロボットに接客されるのではなく、その奥にいる人に接客されている体感が持てるようデザインされていることがわかる。つまり、ロボットを操縦するパイロットを障害者でもできるように設計されている、ということでなく、ロボットをメディアとして障害のある人との生々しい接点がデザインされていることに強い意義を感じる。また、カフェが企業との採用マッチングの場および社会経験の少ない障害者の就業訓練の場としての役割を併せ持ち、実際に一般企業での恒常的な就労に繋がる事例もすでに多く実現している点も高く評価できる。カフェ自体の国内外での展開もさることながら、ここを起点に、さまざまな障害を抱える就労希望者と一般企業、そして消費者との接点がさらに広がっていくことを期待する。


「GOOD DESIGN SHOW 2021」

グッドデザイン BEST100の受賞作品が一堂に会する受賞作品展が、特設ウェブサイトと実会場での展示を中心に実施される。10月20日から10月31日の間、東京ミッドタウン・デザインハブにて開催される「2021年度グッドデザイン賞受賞展」会場内に投票案内所を設置し、一般来場者による投票を実施する。一般来場者は大賞候補の中から1点を選び投票することができる。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム